2019夏イチオシエロマンガ!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

3人のギャルが、 童貞チ〇ポ(デカチン)を 奪い合う❤
マジでヌける!!ww

ビッチギャルで抜くなら今すぐクリック!↓↓↓

孕み神と憑かれた姪 孕み神に取りつかれた姪を救うために種付けピストンで何度も中出し!w

FANZA(旧DMM)で配信されている、孕み神と憑かれた姪のネタバレをご紹介します!
事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~で話題になった、ヨールキ・パールキさんの作品なので
間違いなくエロいですww

▽▽今すぐ無料サンプル画像見るなら、バナーをクリック!▽▽

子宝に恵まれるという孕み神に取りつかれた姪のゆい。
そんな姪を救う方法はたった1つ・・・

 

それは・・・姪を孕ませること・・・!

 

あんな小さくて可愛かった姪・ゆいが・・・
今、おじであるオレのち〇ぽをイヤらしく咥えている・・・!

 
姪とおじによる禁断の近親相姦種付けピストン!!

 

■孕み神と憑かれた姪【登場人物】

主人公
 元々都内で歴史教師として教鞭を執っていたが、両親の他界に伴いこの町にやってきた。
 現在はこの町から少し離れた高校に車で通い、教師の仕事を続けている。
 姪のゆいを親族から託され一緒に住むことになったが、ある日を境に異変に気づき対処に困っている。

西内ゆい
 主人公の姪にあたる女の子。度々遊んでいたので主人公とは、それなりに中は良い。
 主人公と同じく都内で暮らしていたが、親の急死により引き取られることになった。
 だが、突然身体に異変があって主人公に慰めてもらうことになったが…

村のおじいさん
 この村に古くから残る資料を沢山保管している。
 珠玉神社に住む『孕み神』の事を知っており、陰ながらも主人公たちの事を案じている。

 
 

バナーをクリックして”孕み神”で検索!

■孕み神と憑かれた姪【本章ネタバレ】

僕はある理由があって、とある集落に住むことになった…
○県△郡という山の麓にある村だ。

小中学校は村に一つしかなく、高校や職場へはその先まで通わなければいけない。
が、この村は人々の繋がりが強く子育て制度や医療機関が整っているため、比較的若者が多く出生率も高い。
僕の家はその村のやや外れた場所にある…

元々東京都内で歴史の教師をしていたのだが、数年前に両親が他界したため、その家屋を継ぐことになった。
今は少し離れた町の高校の歴史教師として仕事を続けている。
そして、同居人…
僕の姪にあたる女の子だ。その理由だが…
彼女も僕と同じ様に都内で暮らしていたが、突然の親の他界により僕に引き取る様に言われ、この村にやってきたのだ。
何か運命を感じざるを得ないのだが…

いつもの様に仕事から帰ると彼女は夕飯の支度をしてくれていた。
「叔父さん、おかえりなさい」
―美味しそうな匂いがしているな。腹が減った。
僕はそう言って食卓についた。

彼女が都内で暮らしていた頃は、忙しい父親に代わって、度々外に連れ出し遊んでいたので仲は良い。
しかし、引っ越してきた当初は何事もなく過ごしていたが、最近どうも彼女の様子がおかしい。
僕はさり気なく聞いてみた。
―学校はそうだった?
「うん、楽しいよ…」
―そっか…
…時間が経って親の死の実感が湧いてきたのか…
…誰かに何か傷つくような事を言われたのか…
どことなく元気がなく気掛かりだ…

風呂から上がった僕は、ゆいの事をぼんやり考えながら彼女の部屋の横の廊下を歩いていた。
何か呻いている様な声が微かに聞こえた。
ん?
僕は気になって、ゆいの部屋の扉を少し開けた。
「はあっん…はんっ…あっ…はっん…」
―!!
僕は、一瞬ゆいが何をしているのか理解できなかったが…
―そうか…そんな歳に…
僕は彼女の成長を幼い頃から身近に見てきたからか、彼女の性欲と言うものを認識していなかった。
その認識は、この今の状況を目の前にして全く覆り、身体の芯が熱くなる感覚を覚えた。
そしてそれを見届けようと、僕はただひたすら息を殺しながら”その”行為を凝視するしかなかった。

僕は部屋に帰ると…
彼女が寝静まった頃合いに、その行為を思い出し身体の奥で熱くなったものを放出した。
それはなぜか新鮮で心地よかった…
身内を使った罪悪感をより凌ぐ快楽に浸り眠りについた…

あの夜以来、ゆいの様子は特に変わることは無かった。
が、僕自身としてはよそよそしさを出さない様に気を遣っていたのだが…
今まで意識していなかった様な些末な事にさえ気を取られ、悶々とした日々を過ごしていた。

そんな矢先の事であった。
食器か何かが落ちる音がして僕は驚いた、
”ガシャガシャン!”
―ゆい!大丈夫か!
僕はしゃがみ込んだゆいの背中に向かって言葉を掛けた。
「……ぅぅ」
―ゆい…?
ゆいは心なしか何かに怯え、震えているようにも見えた。
―ゆい、どうした…?大丈夫なのか?

「お、叔父さん…た、助けて…」
ゆいは振り向きざまに目に涙を浮かべ、僕に助けを求めた。
「たすけて…」
状況を理解できずにいると、ゆいは息遣い荒く震えながら突然僕に抱きついてきた。

―ゆい!?ちょっと待てっ!突然どうした!
「おかしいの…ずっと身体が…熱くて…そしてね…叔父さんを見てると…わたし…」
ゆいは僕に少し肉付きのいい身体を預けると、なんと開いた手でズボンのベルトを開け始めた。
「んんっ、わたし…」
僕は面食らった。だが、ゆいの温かい身体と長いふんわりとした髪の毛の香りを感じるとアソコが反応し始めていた。
「叔父さんの…ちょっと硬くなってるよ…私の身体…触ってもいいよ…」
―ゆいっ!ちょっ!
「エッチなお汁出てきたよ…はッ、はッ」
ゆいの荒い息遣いが耳元で感じられる…ゆいのふくよかな胸が…僕の胸に押し付けられている…
他人が見たら、まるで恋人がいちゃついている様な状態だった。

 
 
バナーをクリックして”孕み神”で検索!

「もっと…もっと硬くしなくちゃね…はっんっ…はぁぁ…」
「叔父さん、もっと感じてね…私の手で…気持ちいい…?ゆい、こんな…こんな硬くなったおちんちん初めて触ったの…」
気がつくと僕の膝はゆいの柔らかい二つの太腿の間に割り込んでいた。
「あ…あたって…あっ、あっ、あんっっ、そんなずんぞんお股にあてたら…中が…気持ちよくなっちゃう…」
「叔父さんのおちんちんピクピクしてるよ…」
僕は膝を立ててゆいの敏感なところに強い刺激をリズムよく送った。
「んっ…!ぁ…ふ…わたし…叔父さんの太ももで…エッチな…あんっ…感じてる…」
「気持ちいい…あっ、あっ、あっ…わたし…おちんちん、欲しくなっちゃった…舐めて…いい…?」
ゆいは僕のズボンの奥からモノを引き釣り出すと、おもむろに口を被せた。
「は…んむぅ…パパの…エッチなビデオ観てたから…少し分かるよ…叔父さんのこと、いっぱい…いっぱい気持ちよくするから…」
―ゆい!こ、これ以上は…まずい…よ。
しかし、僕の言葉はゆいの耳には届いていなかった。

「んっ…は…ふ…おっきいぃ…んっんっ…あむっ…はっ…」
ゆいは僕の硬くなったモノを舐めまわすのに精一杯だった。
僕を気持ちよくしようとしているのが、とても良く見て取れる。
カリの周りを舐めたり、緩急をつけたりと工夫をしているのがとても愛おしく思える。
「んむっ…お汁…いっぱい出てくるよ…はっむんっん…」
…ずりゅ、ずりゅ、クチュッ、クチュッ…
ゆいの丁寧なフェラの音が部屋に響いた。
―うわっ…うっ…気持ちいい……

ゆいは柔らかい手でサオを上下させながら、口への出し入れをリズミカルにしている。
…んっ、んっ、んっ、じゅるっ、じゅるっ、ぐちゅ、ぐちゅ…
ゆいの長い髪の毛が硬くなったモノに触れる度、それもまた快感に変わっていった。
―ゆいっ…!うっ…!ゆ、……。
ぉん…ほっ、おっ、はっ、はっ…
上手だ、ゆいのフェラはとても丁寧で愛情がこもっていて…とても温かい…
―うっうっぅあぁぁぁ、も…もう出る…ゆい…すご…ぃ…ゆいぃ!
…んっんっ…はっはっは…ふっ…
―ゆ、ゆい…イキそうだっ…はぁぁ!
「だして…おくちの中に、いっぱいびゅーって出してね」
―そんな…どこで覚えて…うっ…
「さきっぽ、くちゅくちゅしたら…きもちいい?いっぱい出そう…?」

―あんなに小さく可愛かったゆいが…こんなにいやらしくなるなんて…
―はっ、はっ、あーで出るっ!もうだめだ…ゆいっ!ごめん!うぅぅぅ!あっ!。
僕は熱く溜まっていた精液を、ゆいの口の奥をめがけて放出した。我慢の限界だった。
ぶびゅっ、ぶびゅっ、ぶびゅっ!
ゆいは震えながらも一生懸命、僕の精液を受け止めようと口をすぼめていた。

しばらくすると、ゆいは精液まみれになった顔を僕に向けた。
ゆいの表情を見て僕は後悔の念で一杯だった。
―やって…しまった…身内なのに…ゆい…なのに…
ゆいは、そんな事は思っていなかったらしく”役目を果たした”満足した表情だった。
「はぁぁ…ん…いっぱい…でたね…濃いぃの…どろどろぉしてるぅ…」
「叔父さん、ありがとぉ…はぁぁ」

 
 
バナーをクリックして”孕み神”で検索!

…ゆいは…そのまま僕の精液を飲み込み、身体を震わせ…
…ふと我に返ったように赤面して、その場から立ち去ろうとした。
僕は慌てて引き止め落ち着かせると、やがて事情を話し始めた…

「わたし…あのね…」
―…何かあるんだろ?
「うん…通学路の途中にある獣道の奥に小さな神社があるでしょ?」
―ああ、知ってるよ。
「時々そこに寄り道するの…猫がいっぱいいるから…」
「でもね、あの日…少し寄って帰ろうと思ったんだけど…神社の扉が気になって近くに行ったの…」
ゆいは重々しく言葉を続けた。
「…そしたら、何かが身体の中に挿入って来るような感管に襲われ、怖くなって急いで帰ってきたの…」
「でもその夜から…得体の知れない何かが…私の身体中の這い回っている感覚…」
「そう、昼間に挿入ってきた”何かが”お腹の奥から出たり挿入ったりして…身体を刺激する様になったの…」

急にゆいは顔を赤らめ告白するように訴えた。
「朝起きたら…周りがびしょびしょで…その頃から男の人を見ると、お腹に変な刺激があって…」
「と、特に叔父さんが近くにいると…それが酷くなって…なんか、おかしいの…」
―そうか…それで様子がおかしかったのか…
―なんでもっと早く…いや、言えるわけないか。
「叔父さん、お願い!誰にも言わないでね!」
―大丈夫だよ。安心しなさい。
―学校には僕から説明するし、具合が悪い時は休みなさい。

―僕が原因を探すから、絶対。
―とりあえず今日は風呂に入って寝なさい。
「うん…叔父さん、ごめんね…ありがとう…」

僕は町の大きな図書館で、ゆいの身体に起きている事例や、この村の言い伝えなどを調べてみた。
しかし、何一つ手掛かりを掴めないままひと月が過ぎていった…
そうこうしている間に、ゆいの症状はますます酷くなり、下腹部が疼くあまり身体が勝手に絶頂に達してしまう状態になってしまった。
そして、とうとう学校にも行く事ができない状態に陥ってしまった。

僕は何とか救いたいが為に、ゆいに求められるまま背徳的な情事に応えるのが日課になっていた。
…それは、昼夜問わずゆいの身体に起きていた…
「叔父さん…夜中に…ごめんなさい…あの…もう、我慢できなくて…叔父さん、ねぇ…起きて…触って…」
―んぅ…そうか…わかった。
僕は深夜にも関わらず、ゆいの身体を慰めていた。今はこれしか対処方法がない…
パンパンに張ったおっぱい吸い、手マンをしてあげる事により、ゆいの何かが慰められる様な気がした…
ちゅるちゅるっ、くちゅくちゅ、びちゃびちゃ…
「あっ、あんっ、あっ、あんっ、き、気持ちいいぃ…お、叔父さんっ…い、イクッ!ハァッ!」
「今度は叔父さんを気持ちよくしてあげるね…」
ゆいは豊満なおっぱいに僕のモノを挟んで舐めはじめた。
―くぅっ!あっ!ゆい…どんどん…うまくなるね…

―勉強の飲み込みも早いけど、こういう事まで吸収がいいなんて…うっ、気持ちいいぃ。
「んっ、んっ…いっぱい気持ちよくしたらエッチなお汁いっぱい出てくるから…」
「叔父さん…気持ちいい…?気持ちいい時の叔父さんの…表情が…好きなの…」
―ああ、気持ちいいよっ…ゆいの柔らかいパイずりはっ、あっ、き、気持ちいいぃんだ。
―それに柔らかい舌と口で、おフェラなんて…最高だよっ…
―ゆいをもっと気持ちよくしてあげるよ…
僕はゆいの…トロトロに湿った割れ目を舌で舐め上げた。
「あんっ!あっ!あんっ!もっと、グリグリしてぇ!またっ、イっちゃう!あんっ!と、とまんないっ!」
―ゆいの乳首…どんどん敏感になっていくね。
―コリコリに硬くて…エッチな紅色で…少し弄ばれればすぐに発情してしまう、ゆいってイヤらしいね。
「はぁっ、はぁ…もっと言ってぇ、もっと…はぁんっ!!」

そんなある日、僕は気になっていた事を探し始めた。
…それは、この村に根付く風習の事だった。
「やぁ、先生よく来たね」
ある高齢者のお宅に、古くから残る資料があると人づてに聞き、お邪魔することにした。
「先生は、歴史の先生じゃったかいのぉ?しかし、いつまでも学ぶ心を忘れない事は立派じゃのぉ」
―いえいえ、そんな…ただ、生徒たちに生まれ故郷の歴史を知ってもらいたかったんですが。
―町の図書館には置いてなくて…突然のお願いですみません。
「構わないよ、ゆっくりしていきなされ」
僕が一番懸念しているのは、この閉鎖された村社会で僕らの状況が知れれば、充分に村八分になり得ると…
その前になんとか解決しないと…

―ん?
資料棚の索引を探していると、一冊の古い「珠玉神社…」と題された資料が目に留まった。
それによると…
”村のはずれにある珠玉神社には、子宝に恵まれる神が棲んでいる”と書かれていた。
その神社は、古くから子宝神社として村人から親しまれている。
子宝を授かる現象とは…
どうも、その”孕み神”が子宮に棲みつき、身体の内側から性感帯を開花させ、孕むまで宿主を発情させるという。
そのため、憑かれた者は性に狂い、子種がわからない子が生まれることも少なくなかったそうだ…

―おじいさん…これは…
「ああ、珠玉神社の事だね。これまで孕み神に憑かれた者は何人もいたよ」
「今生きている者の中には、孕み神から授かった子が多いと聞いておる」
僕は食い入る様におじいさんの言葉に耳を傾けた。
「めでたい神様じゃから封印なぞはせんがな。いかんせん男に憑くと、なりふり構わず女を孕ませたりしたそうじゃ」
「孕むまで狂いよるから、世間様にはあまり知られないよう村人全体で対処しておるんじゃ」
「…先生のとこにも若いお嬢さんがいらっしゃったろう。気を付けなされ」

―…その孕み神は…孕ませる以外に何か害はあるんですか?
「ないよ、ただの子供好きな神様じゃよ」
―そうですか…
僕はどことなく嫌な予感がした…
そして、お礼を言って玄関を出ようとした時だった。
「ああ、先生…」
―なんでしょう。
「安心なさい、万が一の時は我々がなんとかするよ」
―は、はは…その時は、よ、よろしくお願いします。
僕は心の奥を見透かされている様でドキッとした。

家に帰ると、おじいさんに聞いた事をゆいに全て話した。
すると、ゆいは諦めるように答えた。
「じゃあ、子供作らないと治らないってこと?」
―そうらしい。彼氏とかいるのか?好きな人は?
「彼氏?いないよ。だけど好きな人はいるよ。」
「その好きな人…叔父さんだもん…こういう事するのも叔父さんだけ…」
―それは孕み神が…
「違うよ、前から好きだったんだもん」
―でも僕たちは…
「いいの、叔父さん…私を受け入れてくれるなら…」
「孕ませてください…」

僕は決心した…ゆいの治療を最後まで見届けたい…と。
―力、抜いて…大丈夫だよ。
「はぁ、はぁ…」
それには一線を越えるしかないと…
―ゆいの身体、舌、胸、全部柔らかいよ…
「はぁんっ、んっ、んはぁっ…」
僕のモノはまた元気に勃ってきた。
―今から僕は…この子に種付けを…
「はふぅ…んっ…きもちいいよ…」
―ちんこを挿れたい。孕ませたい…いいんだよな…
「あふぅ…あっ、あっ…ん…あぁん…おじさ、ん、きもちいいよぉ」
「子作りの準備してると思うと余計に…気持ちいいぃ…はぁぁ……」
―僕がしっかりすれば、ゆいも子供もこの村でやっていけるはず…
「あんっ、んぅっ…ちくび…さっきより…きもちいいぃぃ」

―なぁ、ゆい、これからちゃんとセックスするよ。
―孕み神とか関係なく…
「夫婦のセックス?」
―そう、ちゃんと好き同士がする子作りセックスだよ。
「叔父さん…ゆいのことちゃんと好き?」
―うん、ちゃんと好きだよ。大好きだ。
「ゆいも好き…叔父さんのこと好き…」
―ちんぽ挿入れて子供作るよ、いいかな。
「うんっ!欲しい!おちんぽ挿れてっ!」

「あんっ、あんっ、ずっと欲しかったのぉ」
「は、挿入っちゃうっ、んっ…んっ…」
「き、きたぁ…はぁぁぁっ……念願の叔父さんのおちんぽ…」
―ゆいっ、なかで何か絡みついてっ…いるっ…。そんなに締めたらっ…!
僕はゆいの中に本当に孕み神が棲みついている様な…そんな感覚に襲われた。
―あぁぁー!出るぅぅー!
「はっぁー!あっ、あっ!精子出てるぅ!んぅー!」
「で、でも…勝手にっ!イっちゃう!止まらないー!あんっーん」
「叔父さんの精子ぃっ!子宮がよろこんでるぅぅーっ!」
―まだ、まだ出したい!ゆいの中を僕の精子でいっぱいにしたいっ。

「精液…おくちでゴックンする時もゾクゾクすごいけどぉ、中出しはもっとすごいぃ」
―ああ、まだまだ沢山擦って…擦って精液いっぱい…いっぱい流し込むぞ!
「んーっ!これ、いっぱいするの?孕むまでするの?おちんちんヒクヒクしてるよ」
―孕んでもからもするよ!夫婦なんだからね。
「ずっとずっと欲しかった…叔父さんのおちんぽ…硬くて…ぶっとくて…気持ちいいとこ擦れて…」
―はんっ…ゆい!中すごいっ!
「おちんちん、はじめてなのにぃ!こんなにぃっ!イイのぉぉ!」
「ずぼずぼ…!す、すごいぃ!奥までぜんぶっ…擦れて…ひぃぃ!おちんぽ好きぃ!」

―ここか、すぐ潮吹いちゃうとこだよ。
「これっす、すごいぃ…いつも指でグリグリするとこっ、あたるのぉ…腰が、か…勝手に動いちゃう…あっ」
「頭がっ!真っ白になっちゃうぅー!あんっあんっあっ!気持ちいいぃの…」
「ぞくぞく、とまんないぃっ!あふっあふっんっ!」
―おまんこビクビクしてきたね、ゆい。まだイっちゃダメだよ、もっと気持ちいいことしてあげるから。
「もっとすごいのぉ?」

僕はちんぽを出し入れしながら、クリトリスをいじってみた。
―クリちゃんをコリコリしながら、おまんこ奥までずぼずぼしたら、ゆいどうなっっちゃうだろうね。
「そんなのしたら…あんっ!…わたし…」
「でも、してっ!突いて!奥までズリズリ…クリちゃんと一緒にぃぃ…」
「奥まできてるぅぅー!クリちゃんとおまんこ両方イイッ!指ぃとめないでねぇぇー」

ゆいの中は別世界の様に気持良かった。
―ゆいの中…病みつきになりそうだっ!
「叔父さんとセックス好きぃ…子宮キュンキュンとまらないのぉ」
「もっとぉ、もっと叔父さんの精液欲しぃ―もっとっ!」
まるで僕のちんぽを孕み神が襲っているかの様な…気持ちよさ…
―萎えるどころか…どんどん射精したくなるっ!
「いいよぉ、ゆいが全部受け止めるからっ!もっと、もっとちょーだい!子宮を…精液で満たしてぇぇ」
「あひぃ…気持ちいいぃぃーおまんこバカになってるぅぅー」
「もっとっ!もっと!あっあっあっ!もっとズリズリいじめてぇぇ!」

…これが!孕み神のなせる業なのか!
―こんなの耐えられるわけなぃっ!あぅっ!あっー!気持ち良すぎるぅ!
「あーっだめぇぇぇーすごいの…すごいのきちゃうぅぅ!」
「だんなさまのっ!濃厚な精子ぃ子宮の奥までぇぇいっぱいぃくださいぃぃ」
「いぐぅぅーいぐぅぅーせーし!いっぱいぃちょーだいぃー!」
僕は身体中のエネルギーを一気に放出した。
―もうっ!いくぅぅぅっっ!
ドピュドピュぷしゅぷしゅ
「ああぁぁ、子宮がよろこんでるぅぅ!」

―ゆい、後悔してないか?
「してないよ…叔父さんのお嫁さんになれて…ゆい、すっごく…うれしい…」
「これからも、いっぱいチュウして抱きしめて子作りセックスしたい…」
―うん、今まで我慢した分いっぱい子作りしよう。
「叔父さん…大好き…」
…こうして僕たちは予期せぬ形で一線を越えてしまった。後悔はしていない…

一度タガが外れてしまっては最後、僕たちは何度も何度も…求め求められるまま貪りあった。
「あっあっあっあっーこれぇ…おちんぽズボズボされながら!ちくびもグリグリするの…好きぃぃぃ」
「エッチ汁吹いちゃうのクセになっちゃうぅぅ!」
―身体がママになる準備をしてるんだよ。
「じゃぁ、ゆい赤ちゃんのために…うんとエッチなママになるぅぅ」

僕たちは朝陽が昇るまで、たくさん…たくさん愛し合った。
何度も何度もゆいの中に精子を送り込んだ。
―ゆいっ陽が昇るよっ!あっーいいぃぃいくぅぅぅ!
「あふんっ!あひぃぃ!あんっっっっ!」
「いっぱいいっぱい満たしてぇぇ!」
ドピュドピュ!ジュボボッ!ジュボボ!
―いっぱい、いっぱい出すよっ!

そして幾度かの情事のあと、ゆいは孕んだ…

妊娠を機に、ゆいの中の孕み神は去ったようで、何も問題ない夫婦のように愛し合い、寄り添い暮らしている。
一番心配していた村人の目だが、ゆいの徐々に大きくなる腹や相手の詮索などまるでなく、周りは今まで通りに接してくれた。
おじいさんが意味深に言っていたのはこの事なのだろう。

僕たちは珠玉神社にお礼兼ねがねお参りに行った。
ゆいは幸せそうに神様に報告とお願いをした。
「お陰様で妊娠できました。孕み神様、無事に出産できるように見守ってください…」
そして僕におねだりするのであった。
「―おうちも広いし、もう一人作っちゃおうか?」
―いいのか?ゆいがいいなら沢山欲しいな。仕事頑張らなきゃな。
「一緒にがんばろうね、おとうさん。」

孕み神は本当にいたのだろうか…

■孕み神と憑かれた姪【ヌキどころ・興奮シーン】

冒頭、ゆいが登場して主人公へ身体を預け絡むシーンは、ゆいのボリューム感たっぷりな胸や身体が感じられ、見ている側にも温かい身体が感じられる。見入ってしまうほどである。
また、ゆいの純朴な姿に似合わず「もっと硬くしなくちゃ」「もっと感じて」など、エッチな言葉を発するところもみどころ。
そして絡みより入るフェラのシーンは、ゆいの可愛さと純朴さをより一層感じる一幕。
こんな純朴な女の子がどこでフェラなんて覚えたのか、と疑うと共に違和感との刺激が交じり合う。
そんなゆいへの主人公からの大量ザーメンの口内発射は、思わず見ている者もイってしまうほど。

ゆいの身体の変化により、毎日昼夜問わず身体への刺激を求められる主人公。
内なる欲求に耐えられずに、叔父さんへ刺激を求めてしまうゆい。二人の「求め求められ」の関係が日々悶々と続いている様も、読者を引き込んでしまう一つの要素だ。
そしてここでも「純朴であるはず」のゆいのパイずりとの同時フェラが始まる。
長い髪の毛の隙から見せる豊満な胸とピンクの乳首がまた堪らなく、濡れ場を盛り上げる。

村のおじいさんからから言われた「孕み神」の存在を聞いて、ゆいの身体の変化の解決に向け「孕ませる」決意をする二人。
その行為に向け一気に二人のボルテージが上がってくる、このストーリーの山場。
「孕む」ことに積極的になり、手段を選ばなくなった二人。「叔父さん」と「姪」の垣根は一層なくなり、男と女の関係が深くなる。
主人公は柔らかく豊満な胸と乳首への刺激を繰り返した挙句、「子作り」のためのセックスへと発展する。
ペニスをゆいの中に挿入れると、そこで待っていたのは…孕み神の存在であった。
ゆいは白く柔らかい肢体を主人公に開放し、イキ狂う。主人公も孕み神がペニスに絡みついて、これまた何度も何度も果ててしまう。
しかし萎えることはなく、益々ゆいへの中出しを続けてしまう。
ここでも、ゆいの白く柔らかそうで豊満な肢体が描かれていて、読者が実際にセックスしている気分にさせる。

正常位からバック、「もっと突いて」とねだるゆい。そして座位になり、ゆいの温もりが感じられる構図になる。
ゆいは白目をむいて延々と続く快楽に身を委ねるが、それを支えていたのは、ほかならぬ「孕み神」の存在である。
ゆいの子宮の中で暴れまわり、ゆいをイキ続けさせると共に主人公のペニスに絡み刺激することにより精液を大量に取り込む存在になっている。
「子作りセックス」が始まると、二人のセックスは止まらず朝陽が昇るまで続けられる事になる。
この場面でも、ゆいの身体の豊満さの描写が際立っている。そしてゆいはイキっぱなし、主人公の中出しは止まらず、ゆいの子宮は主人公の大量の精子で満たされる事になる。
人が訪ねてきても、二人のセックスは止まらない。口を押さえながら行為を続け快楽を楽しんでしまう。
朝晩まで続く「叔父さん」と「姪」の「子作りセックス」。まさに禁断の”青い果実”なのである。

■孕み神と憑かれた姪【感想】

このストーリーは全国各地にある「子宝神社」にまつわるエピソードをベースに書かれている。
エロ的内容は濃く残しつつも、子宝神社を取り巻く地域性や昔における存在の重要性にも触れている。

主人公は歴史の先生と姪のゆいである。
「叔父さん」と「姪」の立場を越えて愛し合うという、背徳的で刺激的である一方、お互いに心を支え合い生きていく姿が描かれている。
歴史の先生という”お堅い”人物像がひとりの女の子の身体に溺れていく様が、とても身近に感じてエロ気分を盛り上げている。
”孕み神”が女の身体に棲みつくと…どうなるのか。一度でいいからそんな状況に陥ってみたいと思うのは男なら誰でも思うところである。
「ゆい」の身体が、白く柔らかく肉感的に描写されているところが印象的であり、まだ開発されていない処女を自分色に染めていく…そんな欲望を生々しく描いているところが見どころである。
また、”孕み神”と称された生き物の設定も独特感を漂わせている。
”孕み神”が、ゆいのお腹で暴れまわり、ゆい自身をイキ狂わせ、主人公のモノに絡みついては先生を”性の虜”にしてしまうところが面白い。

この漫画はエロ漫画の部類に属すると思うが、きっと作者は「子作りの過程を周囲は特別視しないで欲しい」というメッセージを伝えたかったのかも知れないと、思うのである。
とかく近年の子育て事情には厳しいものがある。お腹の大きくなった妊婦や、小さい子供を抱えた母親や若い夫婦には世間の厳しい風が吹きつけている。
この漫画の「おじいさん」の様に、周囲からの配慮があってしかるべきであろう。
また、少子高齢化に歯止め掛けるべく、この”孕み神”神社が地方を中心に猛威を振るって頂きたい、と願わんばかりである。

 
 
バナーをクリックして”孕み神”で検索!

2019夏イチオシエロマンガ!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

3人のギャルが、 童貞チ〇ポ(デカチン)を 奪い合う❤
マジでヌける!!ww

ビッチギャルで抜くなら今すぐクリック!↓↓↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。