2019夏イチオシエロマンガ!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

3人のギャルが、 童貞チ〇ポ(デカチン)を 奪い合う❤
マジでヌける!!ww

ビッチギャルで抜くなら今すぐクリック!↓↓↓

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話ネタバレ 勉強だけじゃなくてあっちの方も教えてくれる♪

BookLive!コミックで配信されている、
おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
のネタバレをご紹介します。


こんなえっちな家庭教師のおねえさんがいたら勉強なんて手に付きませんww

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽勉強だけでなく、あっちの方も教えてくれるエッチなお姉さん❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

■おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話

登場人物

先生:家庭教師
 世間では「おっぱい家庭教師」と言われる家庭教師をしている。
 文字通り豊満な胸を持ち、それを触らせる事をゴールにして生徒の成績アップを目指している。

生徒:ある住宅街の一軒家に住む生徒で、名前は佐藤佑真と言う。
 家庭教師の初日からおっぱいに夢中になってしまい、先生からはおっぱいを触らせてくれる事を約束に勉強に励むが…


先生のおっぱいが気になってやっぱり勉強なんて手に付かんなwww

■おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話 第1話 「いっぱい出すとスッキリできるよ」

・感想
ここでは「おっぱい家庭教師」を仕事にしている家庭教師と、佐藤祐真こと祐真の出会いから話はスタートしている。
祐真は豊満な胸の家庭教師から授業を受け始める訳だが、授業開始後に早くも”おっぱい”の事しか頭にないとてもエロくて、マセた少年である。
「学業」なのか「おっぱい」なのか、先生のどちらともつかない誘っている様な言動がエロくて見どころです。
特に冒頭のブラジャーのホックを外すシーンは、とても生々しくて興奮します。
そしてストラップがホロッと外れ、カップから豊かな胸がユッサリと躍り出るシーンは読者を「あっ!」と言わせるほど美乳なおっぱいを見せてくれます。
先生もメガネっ子の童顔なので、豊満なおっぱいとの対比にクラっとしそうです。
祐真の顔をおっぱいの狭間に挟むシーンは、誰もが夢見るシーンで祐真に嫉妬してしまいそうです。
いずれのシーンも豊満な「おっぱい挟まれ」シーンばかりなので、とても温もりのある勃ってしまう画像ばかりです。
祐真がおっぱいを揉みながら乳首を舌で転がすシーンは、柔らかくとても肉感的に描写してあるのでヌケるシーンです。
そして先生が祐真を膝の上に乗せて勉強するシーンは、幼少の時にして欲しかったと思わせ、あり得ないくらいエロいです。
先生の黒タイツとロングスカートと言うフェミニンさも去ることながら、祐真の背中にGカップ以上もあろうかと思われるおっぱいを密着させ、柔らかそうな手で祐真のオチ○チンをシゴく様は祐真だけでなく、読者もシゴかれている気分満載です。
こんな先生に家庭教師をして貰って、オチ○チンを握って性処理までしてくれたらヤル気満点ではないでしょうか!

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽テストで100点取ったら、ご褒美に・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

・あらすじ
家庭教師がやって来たのは、住宅街の一角にあるお宅。
生徒はそこにいるのだ。

「先生、本当に見せてくれるんですか?」
祐真は先生に恐る恐る聞いてみた。
「うん、いいよ…」
先生は静かに手を背中に回し、ブラのホックを外し始めた。
大き目のカップが肌から離れると、そこに白く柔らかく豊満なおっぱいが現れた。

―この先生、「おっぱい家庭教師」をしているのだった。
そして、今日からそのおっぱい効果の授業を受けるのは、祐真こと佐藤佑真だ。

「おっぱい触るのも、お勉強のうちだからね」
先生は、そう優しく祐真に言うのだった。

先生も最初のおっぱい授業としては刺激を与え過ぎだと感じていた。
おっぱいを手で隠しながら優しく言った。
「今日は…もうおしまいね…」

数日後の家庭授業の事。
先生は祐真を膝の上に乗せて勉強していた。
「こんなにオチ○チン硬くして痛くない?」
祐真は小声で言った。
「先生のおっぱいが頭から離れなくて…」

先生は何とか祐真の辛さを開放してあげたかった。
「そっか…先生が処理してあげる」
と、先生は祐真の硬くなったオチ○チンを握った。
「どう?気持ちいい?」
「精○をいっぱい出すとスッキリできるのよ」
祐真のオチ○チンから勢いよく精○が飛び出した。

「いっぱい出たね…スッキリした…?」
「またお勉強も頑張ろうね…」
祐真は安心した様に先生の目を見て頷いた。
「うん、頑張るよ」

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽勉強だけでなく、あっちの方も教えてくれるエッチなお姉さん❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

■おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話 第2話 「テストで百点取ったの? じゃあ…」

・感想
ここからは、祐真と先生のより一層深まった関係を描いている。
「テストで100点=おっぱいを触らせてくれる」と言う単純な事だけに、先生のエロさと祐真のエロ暴走ぶりが倍増しています。
祐真のオチ○チンが勃っていると分かり、100点取ったから今日はパイ○リをしてあげると言い出す様はエロさが徐々に盛り上がっています。
そしてホクロのある口と長い髪の毛という女性特有のセクシーさと、更にはオチ○チンを挟んで唾液パイ○リなんて極上な状況です。
リアルな肉感的おっぱいで臨場感たっぷり。
そしてバキュームフ○ラで精○を飲み干すというおまけ付きは、何とも言えず読者の股間もムズムズしてきます。
後半は、とうとう下着脱ぎシーンを経て全裸シーンに突入します。
スカートを脱ぎ、薄いパン○ィを脱ぎ、ピチピチのシャツまで脱いでしまうという、ここでの一番の興奮シーンです。
一枚、一枚脱いでいく描写はとてもリアルです。
肌の温もりと、脱ぐたびに女性の優しい香りが漂ってきそうな場面が満載です。
最後に、濡れている股間をクチュクチュさせる先生を目の前に祐真はガマンできるのか!

・あらすじ
「テストで100点取ったの?えらいわね…」
「おっぱい触っていいよ」
先生はシャツを上げ、豊かなおっぱいを祐真の目の前にさらけ出した。

 

テストで100点取れれば先生のおっぱいを好きなだけ触れる・・・!

こんなことになったらち〇こをギンギンに勃起させながら死ぬ気で勉強頑張れそうですねww

 

こんなエッチな家庭教師のお姉さんが欲しかった・・・www

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽テストで100点取ったら、ご褒美に・・・❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

そうこうしているうち、一ヵ月が経ち、先生と祐真はすっかり打ち解けていった。
「今日はね、おっぱいでシテあげるね…」
この日の先生は、パイ○リで快感を味合わせてあげようと思っていた。
先生は唾液を祐真のオチ○チンの上に垂らすのだった。
「ヌルヌルおっぱいだよ、気持ちイイ?」
堪りかねた祐真はイってしまった。
先生は最後の一滴まで飲み干そうとバキュームフ○ラをしていた。
ぢゅるぅぅ…ぢゅるっ
祐真は先生に抱きついた。まだ刺激が欲しかったのだ。
「もう、甘えん坊さんなんだからぁ」
先生はスカートを脱ぐとその中にあった薄いパン○ィもスルりと脱いだのだった。
更にはシャツをも脱いで全裸に…
そんなこんなで抱き合う時間が増え、最近の祐真くんは、私にべったりで離れようとしないのである。

■おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話第3話 「上手に出せたね♪えらいえらい♪」

・感想
この話では、祐真の初体験の様子が描かれていて、その華奢な身体に応援したくなっちゃいます。
先生の誘惑にガマンできなかった祐真は、先生のオ○ンコにとうとう挿入れてしまいますが、そのガマンできない仕草と、先生への積極的アプローチのギャップにエロさを感じます。
祐真が身体をゾクゾクさせながら「あったかい…」と呟くシーンがありますが、なかなかリアルな感じを醸し出してくれます。
先生も半ば期待していた様にムチムチ股間を開放し、祐真を迎えるシーンはヌケるシーンです。
祐真が気持ちよすぎてイってしまい、先生が「もう…だから言ったのに」と言うシーンも”余裕ある”大人の温もりをフト感じられる瞬間で、ストーリーに温かみを持たせています。
そして正常位で…バックで…騎乗位でと連続してガンガン攻めるシーンは大人顔負けであり、先生のおっぱいがタプタプしている様も肉感・柔らかさもバツグンの描写です。
おっぱいに顔を埋めながら「いっぱい勉強するよ」と頷くシーンは子供らしく思うと共に、お乳の香りがしてきそうな所です。
最後に座位で先生ともにイってしまう所は、祐真は先生の一部になったかの様に思え、先生の裸体も女性らしい肉体美で描かれていてエロさ満点のシーンです。でも、家庭教師で童貞を卒業できるなんて、成績アップしながらの一石二鳥ですね。

・あらすじ
目の前で先生のオ○ンコを見せられた祐真であるが、ガマンできるハズがなく自分のオチ○チンをあてがってしまった。
「何してるのかな?祐真くん」
祐真は勢いで少し腰を突いてしまった。
先生はビックリした。
「あっ…それは…」
先生は祐真に優しい言葉をかけた。
「祐真くん…挿入っちゃったね」

「悪い子ね…祐真くん…本当はいけないんだよ」
祐真は快感に身をゆだねて腰を強く振るのであった。
「ごめんなさい!でも…身体が勝手に…」
祐真はあっという間にイってしまった。
「もう…だから言ったのに…」

しかしまだまだ硬い祐真は抽送を続けた。
そして何回もイキ続けた。
萎えない祐真は、先生のバックに周った。
そして大人の様にバック突きをがんばった。
「あぁ、上手よ祐真くん…」

先生は祐真の上に跨って上下運動をしてあげたのだ。
「ぜーんぶ出しちゃおうね。そしたら、集中してお勉強できるよ」
祐真は下半身の刺激に身体が震えた。
「う…っ、あ…っ、せんせい…あぁっ」
先生は騎乗位のまま優しく囁いた。
「いいよ…先生と一緒にイこうね…」
「せんせい…」
「上手に射○できたね、えらいえらい」
先生は祐真を褒めたのだった。

 

おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話
 
▽▽▽勉強だけでなく、あっちの方も教えてくれるエッチなお姉さん❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

2019夏イチオシエロマンガ!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

3人のギャルが、 童貞チ〇ポ(デカチン)を 奪い合う❤
マジでヌける!!ww

ビッチギャルで抜くなら今すぐクリック!↓↓↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。