2019夏イチオシエロマンガ!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

3人のギャルが、 童貞チ〇ポ(デカチン)を 奪い合う❤
マジでヌける!!ww

ビッチギャルで抜くなら今すぐクリック!↓↓↓

無視せざるを得ぬ町…っ!(むしせざるをえぬまち)完全ネタバレ 町中から無視された男が町中の女たちを喰いまくる!ww

BookLive!コミックで配信されている、
無視せざるを得ぬ町…っ!(むしせざるをえぬまち)のネタバレを紹介します!
 

無視せざるを得ぬ町…っ!(むしせざるをえぬまち)
 
▽▽▽彼女たちは何をされても無視しなければならない・・・!▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

お前は無視されている!
今すぐこの街から出ていけ!!

 

突如、町長の命令で町民全員から無視されることになった主人公・・・
大好きだった街で突然無視されるようになり、
どうしたらいいかわからなくなった主人公は母親に相談するが・・・

 
なんと母親も町民全員から無視されていた・・・!

 
どうしたらいいんだ・・・
・・・!!!

 
何をされてもオレのことを無視しなければならない・・・!!
 

主人公はとんでもないことを思いつく!!!

それは・・・
町中の女を喰って犯してハメまくって中出ししまくること!!ww

 

クラスメイトの男どもの誰もがうらやむクラスのマドンナを・・・
その男どもの目の前で立ちバックで激突き種付けハードピストン!!

 
クラス一の秀才でいつも高飛車な委員長を
みんなの性教育の教材にしてクラスメイトの目の前で駅弁で突き刺し、中出しハメハメww
 

いつも逃げ足が速いクラスメイトは
家で美人の母親をハメながら待ち伏せて、帰ってきたら朝まで子宮が精液でいっぱいになるまで種付けwww

 

街で美人と評判の定食屋の姉妹は貞操帯装着して
ま〇こが疼いて疼いて仕方ないという状態にしてから
姉、妹、姉、妹・・・交互のま〇こに生発射の無限ループ!ww

 

最初は戸惑っていた町の女たちも・・・
主人公の硬くて太いデカマラでおま〇こ掻き回されて・・・

だんだんとち〇ぽの虜になっていく姿は必見!w

 

無視せざるを得ぬ町…っ!(むしせざるをえぬまち)
 
▽▽▽最初は必死に無視していたが・・・▽▽▽
▽▽▽極太ち〇ぽで快楽墜ちwww▽▽▽
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

■無視せざるを得ぬ町…っ![プロローグ]

ある日突然、町民全員から無視されるようになった男は・・・
町中の女どもを片っ端から犯すことを決意するwww

・感想
主人公は、帰郷した日を境に、町の女の中心とした皆をギャフンと言わせる為に、町のあちこちで気になった女たちを片っ端から犯しまくっていきます。
そのヤリかた、シチュエーションは超刺激的なものばかりです。
おっぱいに吸い付きながら左手はピンクの乳首をコリコリ、右手は指マンの三点責めなど、読んでいて至福度満点です。
犯す過程もイカせる方法も、女性の年齢や場所でも違い、公の場所で繰り広げられるのでドキドキ・ハラハラ・エロエロの連続なのです。
出てくる女も、巨乳で桃尻ばかりで肉感があり、身体の反応やイキかたもハンパないので、ページを追う毎にエロくて興奮しました。
また、女とつながっている部分の肉ヒダや、中出しの様子が透けて描写されているのでリアル感バツグンです。
見ていて各章の女に目が釘付けになるので、ヌキ場が盛りだくさん!
モニタやスマホで見ていても、体液が飛び散る様子が容易に想像できて、ヌク場所に困らないほどです。

・あらすじ
主人公は一旦故郷を離れたものの、町の人々が大好きなので帰ってこれて喜んでいた。
だが…身辺に突然深刻な事態が起きた。
それは、この状況は現実なのかと見紛うほどだった…
何かがおかしい。
誰も目を向けてくれない。誰も話をしてくれない…
主人公は町民から「無視」をされているのだった。
町の決定事項で、主人公はこの町から追い出される事にいるらしい。
ふと目にした紙には「お前は無視をされている。この町にお前の存在する場所はない。早くでていけ」と。
どうやって解釈したら…
いったい誰がこんなことを…俺の故郷が…

 

■無視せざるを得ぬ町…っ![第1章:真由子]

クラスのマドンナがクラスメイト全員の前で・・・
立ちバックでガン突きされて中に出されて・・・
 
マドンナのま〇こからボタボタと
白濁液が滴り落ちるシーンは必見ww
 

無視せざるを得ぬ町…っ!(むしせざるをえぬまち)
 
▽▽▽クラスのマドンナ・真由子を・・・▽▽▽
▽▽▽クラスの男子どもに見せつけるように徹底的に犯すww▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

・感想
この章での女主人公は「真由子」。本名は河本真由子。主人公の同窓生である。
ちょっとタレ目で癒し系の彼女は、大人しいながらも優等生である一方、Hカップの胸を持つド迫力ボディの持ち主です。
そんな真由子を、どこでどうやって犯すのかが見ものです。
超豊満な胸を揉みしだかれるシーンでは、生乳の柔らかさが手に伝わってくるほど弾力感を感じる描写です。
また「教室のみんなの前」で「教科書を読みながら」挿入られ連続イキをすると言う、日常と非日常の狭間で混乱しながらもオ○ンコを開放している様は、読者を混乱と興奮の渦に巻き込みます。
普段大人しく、清楚な子がオ○ンコをトロトロにして「突かないでぇ~!」と絶叫しながらも潮吹いて、教室の中でイキ狂う絵図は興奮そのものです。
この真由子は名器の持ち主で、主人公に「オナホ超えてる」と言わしめるせるほどで、男ならお相手して欲しいと思ってしまうほど。
子宮の奥までチ○ポが届いき「ぐちゅぐちゅ」と聞こえてきそうなセッ○スをしている図は、思わず読者も勃ってしまいそうです。
後半部分での主人公の連続イキと中出しに「ああぁぁ!またくるっ!気持ちいいのぉ!狂っちゃうぅっ!」と叫ぶと共に精液がオ○ンコから滴る様は、よだれが垂れそうなくらい男の征服感満載でこの章の一番の見どころです。

・あらすじ
俺は決めたのだ。全ての女を犯してやろうと…
俺は教室に入るなり、いきなり女生徒の胸を触り始めた。
―河本真由子、お前かぁ!成長し過ぎだろ、何カップあんの?
ブラジャーを外すと、高校生にしては大きい乳首を、指でコリコリと刺激し始めた。
ビクッ、ビクッ。
真由子の体は確実に反応していた。
―真由子のクリはこの辺か?
と、真由子の熱く湿った中心部を、薄いナイロン生地の上から擦った。
「んぅ…んっ…」
―真由子、挿れていい?すげぇ名器っ…あぁ~っ
一方、真由子には大きな波が何度も訪れていた。
―連続イキかよっ。潮まで吹きやがって…
真由子も何度も絶頂に達している様子だった。
「またくる~、もうぅ~だめぇー狂っちゃうぅ!」
―俺もイクぞっ!いいかっ?中出しするぞっ!
暫くすると真由子の子宮の奥から、大量の精液がダラダラと溢れ出てきたのであった。

 

■無視せざるを得ぬ町…っ![第2章:委員長]

真面目でいつも口うるさい委員長が・・・
クラスメイトの目の前で御開帳され・・・
 
バックで激列ハードピストンされながらクリいじられて・・・
イキ狂って失神するシーンは必見ww

・感想
この章での女主人公は「委員長」。本名は雪野委員長。これも主人公の同窓生である。
優等生で頭がまわり、委員を掛け持ちするほどの女の子だが、一肌脱ぐとおっぱいはムチムチ、肌つやが良くて肉感たっぷりの少女です。
最初は冷静に主人公の状況を見ていますが、ランニングの授業でブルマを脱がされ、更には体操着まで脱がされて走らされる羽目になり、ここでも日常と非日常の狭間での展開にドッキリします。
むちむちで柔らかそうな肌、おっぱいも超豊満と、とてもエロく肉感的に描かれています。
そんな彼女が全裸で走ったり準備運動をするシーンでは、自慢の巨乳はプルプル揺れ、視線の羞恥も手伝って身体中の刺激が倍増してオ○ンコもヌレヌレ。
この委員長の姿がとてつもなくエロいです。オ○ンコの割れ目が見えたり、プリップリの桃尻が揺れたり…
そして、極めつけが全裸での開脚屈伸での準備運動!全く隠し無しの状態になって超エロくビンビンになること満点です。
そこからの更なる立ちバック駅弁スタイルでのセッ○スになり、あまり漫画では見ない体位なだけにチェック要です。
駅弁ならではですが、同級生男子にオ○ンコを至近でヒダの奥までマジマジと眺められて、委員長のオ○ンコもビショビショ状態。
ここでも委員長のオ○ンコは名器だと公表され、膣中のヒダヒダ透視画像で読者の股間を直撃です。
さすがの委員長も羞恥プレイにイッテしまい、子宮から愛液がドクドク。
最後には開脚バックでの挿入と、クリス○リスを刺激されてイキ狂い果ててしまうところが最高の見どころです。

・あらすじ
次の授業は体育の授業である。
委員長は既にランニングの準備をしていた。
―ブルマ脱いでください!
俺は委員長を一糸まとわぬ全裸にさせた。
委員長は、みんなの視線をお尻に感じ校庭を走っていた。
「でも、見てる…みんな…見てる。男子も女子も…大きくて恥ずかしいおっぱいも…あそこの…割れ目も…」
「全部見られて…体が震えている…」
顔を真っ赤にして柔軟体操をする委員長をみんなは、しっかりと瞳を開け眺めていた。
「次は脚を開く柔軟か…できないっ、無理だっ。そこだけは…それは…」
俺は躊躇していた委員長の脚を思いっきり広げた。
―みんな生唾ごっくんで期待しているよ。早く見せてあげないとっ。
―はいっ御開帳~!
委員長の脚が広げられ、今やビラビラの奥の奥まで生々しく見えてしまっている。
俺は大きいクリス○リスをみんなの前で擦った。
トロトロのジュースが委員長のオ○ンコから溢れてくるのが見て取れる。
「いやだっ皆の前で絶頂を迎えるなんてっ~絶頂感がっ」
クリの強い刺激で何度もイッてしまった委員長はとうとう失神してしまった。

[第3章:結花]
・感想
この章での女主人公は「結花」。主人公の同級生である。
ママこと結花ママ共に、いいおっぱいとエロい身体をしているのが最初の見どころです。
結花が家に到着した頃には既に美人ママが目の前で半裸で犯されている、と言うストーリーがとてもエロくてヌケます。
子供の目の前で「人妻」が「お○んちんすごいのぉぉ。気持ちいいとこが引っかかってるぅ」と何回もイキながら叫んでいる様は「人妻」好きなら最高シチュエーションです。
結花のおっぱいは真由子より大きく乳圧が高くパイずりに最高なようで、もちもちな肌でチ○ポに密着すると言うから、想像に難しくなくヌケル要素満載です。
結花のオ○ンコもママに負けないほど、中がウネウネして名器だと称しているヒダヒダ透視画像も目に焼き付けたいところです。
後半部分には主人公とのセッ○スで何度もイクところが見どころ。
「風呂場でバック」で突かれでイキ、「ベッドで正常位」で朝まで何度もイキ続き、そのまま挿入して寝てしまいます。
早朝からは恋人の如く寝ながら「背面側位」でイキ、結花の沢山の連続イキもヌキどころです。

・あらすじ
結花はそんな学校の状況を見ていて直感的に感じた。
「ほとぼりが冷めるまで家に引きこもっていれば…」
結花の考えは打ち砕かれた。
「ゆかちゃん…お、おかえりぃ…」
奴が一足先に家に到着していた。
―しかし、お前のママ堪んねぇ体してるよなぁ美人だし~
―今やこんな色っぽい人妻出会って3秒でセッ○スだもんなぁ
「どうしたらいいのぉ…この子のおちんちん…すごいのぉ…」
「あぁ~あぁ…」
―肉感が堪んねぇ
―うぉ~締まるぅ締まる!エロイな結花、スケベの才能あるわ!
「だ、だめぇ~死ぬよ~あぁ~またイく~」
「なんでぇ~もぅ…頭トロけて…あぁ」
結花は横に寝ていたヤツを見て現実に返った。
「うわっまだチンコがあそこに入ってんじゃん…」
―これじゃ恋人同士みたいだなぁ。オ○ンコに締められて目が目覚めるのって、俺初体験だわ。

[第4章:定食屋姉妹]
・感想
この章での女主人公は「留美」と「香夜子」。近所の定食屋で働く美人姉妹である。
一番の見どころは何と言っても題目通りの「姉妹定食」です。
主人公は姉妹に「貞操帯」を装着して自分を慰められない「飢餓状態」にしてしまいますが、貞操帯を着けられているが為に、オ○ニーができず刺激が欲しくて欲しくて堪らないシーンが最初のエロエロシーンです。
そして心身ともに飢餓状態に陥った二人は、少しの刺激でイキっ放しになるのです。
そこで二人を重ねて「姉妹丼」を食するという訳ですが、身体が重なった二重飢餓オ○ンコを前に主人公は、焦らしたり突いたりの繰り返しをして、美人姉妹を究極のイキ狂い状態にするシーンがまた堪らなくヌケます。
そんな姉妹のおねだりシーンや、透視の膣中ヒダ画像は読者の脳内をイキっ放しにさせます。
二人は犯されたのに、最後に「ありが…とう…オ○ンコ擦ってくれて~」とお礼を言う訳ですが、刺激が欲しくて堪らなかった様子が容易に想像でき、自然とピンコ勃ちになるのは請け合いです。

・あらすじ
そして姉妹丼を食う時間となったわけだ。
留美と香夜子は上下に重なった。
―よし、一気に食うぞ。
「すごい大きいものが…私の中に…」
―こうやって並べると留美ねえの方がいいケツしてやがる。
香夜子は挿れて欲しい期待で一杯だったのだ。
「もう耐え切れないぃ」
―香夜子のまんこも悪くねぇな。留美ねえのミミズ千匹に対して数の子天井ってヤツだな。
「あぁ~!イぃ~!」
香夜子は歓喜の嵐が体を駆け巡った。
「イってる…イってるんだぁ、気持ちいぃ~」
俺は姉妹丼をたっぷり楽しんだ。
「こんな幸せな感覚初めてぇ…犯されてるのに…嬉しいよぉ~」
―香夜子イくぞ!出してやるぞっ、お前のまんこによぉ。
「あぁっ…ひぃー」
―お~すげぇな姉妹丼!姉、妹、姉、妹で永久ループに陥るわ!

[第5章:役場職員]
・感想
この章での女主人公は「朝霧課長」と「鈴森」。二人は役場の凄腕美人課長とその部下という立場である。
二人とも主人公の完全無視を誓って役場の仕事を遂行しますが、いつの間にか背後から唇を奪われ裸にされ、しまいにはカウンターの上で犯されてしまうのです。
仕事場で上司やお客さんの前で身体を弄ばれる様は興奮ものです。
最初に可愛く愛嬌のある鈴森がターゲットになりますが、背後から胸を揉まれ乳首をいたぶられるシーンは、程いい大きさのおっぱいで描かれていて、現実にあったらいいなと思わせるほど胸キュンな画像です。
特に、乳首をコリコリされて硬くビンビンになった挙句イってしまう様は男の股間を直撃です。
鈴森をかばって犯されに入ったのが朝霧課長。
最初はマネキン人形の様に無視を決めますが、主人公が口移しで利尿剤を飲ませると、とたんに下半身は疼いてしまうのです。
これにつけ込んだ主人公は朝霧課長のクリス○リスを舐めたりオ○ンコを吸ったりと、ヤリ放題で、ここからが見ものです。
主人公の舌を受け入れトロンとした顔が、「お姉さん」好きには堪らないシチュエーションです。
そしてカウンターの上に載せられ、お客さんの前でバックで突かれ何度もイカされるシーンは圧巻です。
ここでも透視での膣の中ヒダの画像があり、目を見張るばかりです。
後半はカウンター上で四つん這いになり、「バックで突かれ」てイキ、「正常位」でイキ、主人公の射精とともに何度もイキ狂うシーンはヌケます。
この章はクールな「お姉さん」とのカラミ好きには堪らないシーンばかりです。

・あらすじ
俺は素早く鈴森の服を脱がせ、おっぱいを揉んだ。
「今まで男の人におっぱいなんて見せたことないのに…上司にも…同僚にも…お客さんにも…」
―ほら、乳首がぷっくり勃起しているよ。ホントやらしい乳首だな。
鈴森はあっさり落とされた。
「あっ…ダメ…そこっ」
―すげぇ体がビクビクしてる。お姉さん乳首大好きなんだね~
「あっ…だめぇ…とめてぇ…」
ここで朝霧課長が二人の間に割って入った。
俺は朝霧のクリス○リスを舐めた。
「舐めるのが上手い…感じるところを的確に攻めてくる…」
「イィっ!」
―ようやく俺の息子の出番かな。イかせてもらうわ!
―出すよ!お姉さんのオ○ンコの中に…!イくぞ!
「この子慣れてる…いったい何人の女性にこんな事してきたのよぉ」
―お姉さん、ホント変態女だねぇ。
「イキすぎて…発狂しそう…!あっ!」
―ん?お姉さんお~い気を失ったの?

[第6章:山之内先生]
・感想
この章での女主人公は「山之内先生」。主人公の学級担任の女性の先生である。
なぜ先生なのか。この女先生は主人公に見向きもされないので、「女として魅力がないのか」と疑心暗鬼になり、相手にされようと主人公の下僕と化そうとしているのです。
ここでは、全般的に山之内先生を全裸で町中を引き回しをする、と言う羞恥行為で構成されていて、その全てが男と女の究極エロの姿です。
その行為とは…首にリードをつながれての羞恥プレイ・放置プレイ・命令調教プレイ・放尿プレイ・公共の場でのフ○ラプレイ…と次から次へと主人公から繰り出され、読者をどんどん作品に引き込んでしまいます。
先生は、主人公に気に入られようと、命令された事は全て服従し、自分への愛情として受け止めてしまう様は、言わばSM快楽の世界に近いものかも知れません。
しかし、ここまで服従す女性がいると、命令する方もされる方も究極の脳内快楽に陥ってしまうのでしょう。
山之内先生の絵図は、とてもムチムチ肉感的で、あらゆる体液がダラダラ垂れて描かれているので、エロの欲求には持ってこいです。
また、シチュエーションも人の目に曝されるプレイだったり、教え子の目の前でのプレイだったりして、ハラハラドキドキの章です。
そして挿入れる時の透視シーンは、ここでも健在。
先生の肉感溢れるオ○ンコ入口のヒダヒダから、子宮までのミミズ千匹感は生唾ものです。

・あらすじ
「どうか…私をあなたの性の対象にしてください!」
先生は裸同然の格好で首にリードを付けられ四つん這いに歩いた。オ○ンコも丸見えだ。
俺は先生を電柱にリードでつないだ。
―じゃあ先生、ちゃんといい子で待ってるんだぞ。
…町の人の視線が痛い。
俺は山之内犬にイマラチオをさせた。
―先生の口まんこすげぇ気持ちいいぞぉ…マジ気持ちいい~
「もっと気持ちよくなってください…あなたのお○んちん」
先生は「奉仕」をする事自体が喜びに変わっていった。
「どうか私を好きなように犯してください!」
―じゃあ、ぶっといのいくぞ!
「彼が与えてくれるものは、どんな苦痛も羞恥もご褒美になる!」
―どうしようもねぇな欲求不満のマゾ犬は。
「あなたの言うことならなんでもして見せます!」
山之内先生はアナルやオ○ンコに挿入を懇願した。
「お願いします!なんなりとお申し付けください!」
―好きなだけイキまくれ!
「ありがとうございますぅ…!」

[第7章:祭り]
・感想
この章での女主人公は「同級女生徒」と「町の女たち」です。
祭りの会場で主人公は「この町をぶっ壊す」と心に誓います。
そして、女生徒と手を組んで会場に来ている町の人たち全員を対象に「反無視への誘い」ショーを始めます。
その会場で待ち受けていた女生徒たちの髪飾りの浴衣姿がとてもキュートで、浴衣姿の女生徒好きには興奮シーンです。。
浴衣から溢れんばかりに露出する豊満な生乳は、これまた巨乳フェチには堪らない光景です。
そこで繰り広げられるショーとは…女生徒たちの調教・フ○ラ奉仕とぶっかけ・全裸盆踊りショーとなっていて、彼女らの可愛くウットリとした表情には癒してくれる事間違いなしです。
特に今まで登場した女生徒たち全員で全裸四つん這いをする姿は、豊満なおっぱいの質感といい、白く柔らかな身体の肉感といい魅惑的な描写で、ヌキどころであり濡れどころです。
後半部分に、主人公が町の女を片っ端から犯す姿が大型スクリーンに投影されますが、八百屋のおばさんとのセッ○スあり、銭湯の女風呂でのセッ○スあり、女子トイレの盗撮ありで「女の快楽現場」の宝庫です。
ここでも沢山のオ○ンコのヌルヌル拡大画像と潮吹きシーンがあり、読者の股間もヌルヌルすること間違いなしです。

・あらすじ
俺たちは祭り会場に到着した。
「あ、きたきた!こっちだよ~」
俺は真由子の浴衣を突然はだけて、おっぱいを揉み始めた。
そして同級生たちを裸にして首にリードをつけた。まるで鵜飼いのように。
―みんな見てる、見てる!
「恥ずかしくて体が震えちゃう!」
俺はチ○ポを「彼女たち」にもっとエロく舐める様に指示をした。
―あ~堪んねぇ~イキそぅ。お前らエロすぎ!
俺は彼女たちに次々にぶちこんだり、手マンしてイカしまくった。
次に俺は用意した大型スクリーンに投影するビデオの再生ボタンを押した。
そこには町中でエッチをされ、イカされている女性の数々の映像が映っていた。
女子学生から八百屋のおばさんまで、ありとあらゆる映像が流れている…
―一度きりしかない人生を自由で気持ちいい生き方をしたくありませんか?

[第8章:エレナ]
・感想
この章での女主人公は「エレナ」。外国の血が入る主人公の同級生。
幼い時から威勢のいい少女であるが、一旦身体を刺激すると感度バツグン!
おっぱいは手のひらサイズであるが、乳首の刺激でイってしまうほど、とても敏感。手のひらサイズフェチには必見です。
身体も小柄で桃尻を持ち上げると宙に浮いてしまうほどのお手頃サイズ感の身体ですが、中身はロリ仕様のためオ○ンコは締まりがよくて、バックから突かれるとイキ続いてしまいます。そんなロリ仕様のイキ狂いが、ここでも必見です。
激しく抽送を続ける主人公に、朝まで潮吹きイキ続けるシーンもエロさヌキどころ共に満載です。
ここでも膣中の透視シーンで、チ○ポを数の子天井が咥える描写は、またもや読者の股間を離しません。
そして子宮にチ○ポが到達して潮を吹き、潮を吹いてはオ○ンコがパクパクする様子は潮吹きフェチには堪りません。
最後に主人公の激しいバックや正常位での突き上げに屈し、自らが「無視」を実行させた事に謝罪しますが、実は主人公の事を好きだったと告白しながらセッ○スするシーンは読者の胸をキュンキュンさせます。

・あらすじ
俺はエレナを羽交い絞めにした。
そしてエレナを文字の如く縄で吊るし服をはだけて胸を露出させた。
―あれっ?お前、陥没乳首じゃん。
俺はエレナの乳首に吸いついた。
―すげぇビンビンに出たお前の乳首、勃起してやがるぜ。
俺はエレナの乳首をクリクリこね回し、スカートとパンティを脱がせた。
―おいおい、ヌレヌレになってんじゃねぇか。
俺はギンギンになったものをエレナにぶち込んでやった。
「あぁっ!私の中に挿入ってくる…」
―しかし、お前のまんこダントツ狭いわっ!ロリ仕様のオ○ンコ気持ちいい~
「お腹の中が燃えてるぅ…」
―昨日より今日、今日より明日。どんどん感度は上がってイキやすくなってるぞ!
「わかったっ!もう謝るからぁ!だから…もうやめてぇ…」

[エピローグ]
・感想
この章での女主人公は「主人公のお母さん」と「今ままで犯してきた女生徒たち」です。
冒頭はお母さんの上目遣いパイずりで始まり、ディープキスを経て台所での近親セッ○スに発展してしまいます。
主人公の性欲はとどまる事を知らず、学校へ行く前に濃厚セッ○スをしてしまう様は、エロさいっぱいです。
更にはお母さんのオ○ンコの透視図がここでも出現。
オ○ンコがパクパクして、チ○ポがヒダヒダの狭い膣中を進んでいく図は読者の股間を熱くすること請け合いです。
そして次に出てくる女生徒たち。みんな主人公によって孕んでいますが、そのビキニをまとったボディは肉感バツグンに描かれています。
そこでも女生徒4人をバックからの激しいセッ○スを繰り広げ、女たちが、叫び声を上げてイキ狂う様子もエロさいっぱいです。
後半は役場で女生徒たちとハーレム状態でのセッ○ス。主人公のチ○ポを女たちが競って舐めたり挿入れたりと、まさに読者も脳内ハーレムに陥ります。
この章が作品の最終なので、全裸の女生徒たちとの乱交状態でハッピーエンドとなるのは大盛り上がり間違いなしです。

・あらすじ
目の前にあるのは1年前には考えられない光景だった…
母さんが俺の精液を抜くために自らのおっぱいを使ってチンポをしごいている…
―母さんのまんこ…ウネウネしてて奥の方は細かいヒダが亀頭をザラザラ刺激される!
「あなたとセックスする事も好きよぉ…好きぃ」
「息子にこんなにドキドキしちゃうなんて…」
ある晴れた朝…
―あれ?結花じゃん。
と、話していると真由子、柴田ちゃん、委員長がやってきた。
「おはよ~今日もいい天気だね!」
「今日もにぎやかですわね」と朝霧課長。
朝霧課長は言葉を続けた。
「夏休みが終わったら…その間の分もちゃーんとお相手してくださいね。町長さん…」
―そう、俺はこの町の町長になったのだ。
過去の閉鎖的だったこの町は壊れた。
ある意味本当にひとつの家族の様な町になった。
―俺はこの町が大好きだっ!

2019夏イチオシエロマンガ!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

3人のギャルが、 童貞チ〇ポ(デカチン)を 奪い合う❤
マジでヌける!!ww

ビッチギャルで抜くなら今すぐクリック!↓↓↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレ/何されても無視しなければいけない状況を利用し、...

NO IMAGE

無視せざるを得ぬ町…っ! 無視されていることを利用して町中のオンナを犯しまくる!...