2019夏イチオシエロマンガ!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

3人のギャルが、 童貞チ〇ポ(デカチン)を 奪い合う❤
マジでヌける!!ww

ビッチギャルで抜くなら今すぐクリック!↓↓↓

行き遅れババア(BBA)ネタバレと無料試し読み | パツパツスーツに黒パンストで部下のザーメン搾り取るww

今日も残業で居残りとなってしまった私ですが、新入社員ということもあり女主任BBAの直接指導を受けることになりました。豊満な身体のBBAは、今日も黒のスーツの中に白のブラウスという艶めかしい服装で私の欲情を高めてくれます。そんなこんなで始まった書類の作成ですが、座ってパソコンを打ち込む私の横でBBAは立った状態で画面を指差して指示を出しました。私の目線の少し上には、ブラウスの隙間から爆乳が見え隠れしています。BBAは私の目線に気づいたのか、無言で目を合わせてきました。無言のまま立ち去ったかと思いきや、次の瞬間にBBAの姿は机の下に潜り込んでいました。パソコンを打ち続けている私の下半身をスボンの上から撫で回しながら、徐々にベルトを緩めチャックを下ろし手でゆっくりと肉棒を包み込みました。気分が高まって興奮してきた私は、机の下にいるBBAの頭に手をやり髪を撫でてやりました。それに応えるようにBBAは、そっと肉棒を咥え込むと口の中で舐め回し始めました。少しずつ激しさを増していくBBAは、頭を上下に振りながらだ液をたっぷり含ませてフェラを始めました。あまりの快感にじっとしていられない私は、足をモゾモゾさせましたが、BBAのフェラは収まらずいやらしい音が二人きりのオフィスに響きわたりました。最後は憧れの爆乳と考えた私は、発射寸前に肉棒を胸に押しつけ望みを果たしました。BBAは立ち上がると無言で私にキスをして、何事もなく帰り支度を始めました。翌日のBBAは、女主任として仕事の顔に戻っていました。そのギャップに完全にやられてしまいました。

今日たまたま一緒に帰ることになった会社の行き遅れBBAと僕は飲みに行くことになった。あまり行きたくはなかったが今日の服装が胸が強調されていて見えそうだったため喜んでついていった。話しながら飲んでいると恋愛の話などになり僕に彼女がいないことなどの話などをしているうちに会社の行き遅れBBAはいつの間にか酔っ払って来たようだ。僕も酔いが回って来た。今日は一段と大きい胸に目がいってしまう。会社の行き遅れBBAも僕の視線に気づいているのかもしれない、、一通り会話も終わり時間も経ったので帰ろうとするとすこし会社の行き遅れBBAはよろめいていた。なのでぼくは家まで心配なので送ってあげますといい送ってあげることにしました。しかし内心は彼女に看病をするふりをして大きい胸に触れられるかもしれないと思っていました。家まで無事に送り届け家に入れ座らせるときに服の間から胸が見えてしまった。彼女は一緒に飲んでいる間も胸をなんども見ていたのを知っていたらしくよった勢いもあり見せつけるように触りたいんでしょと挑発して来た。僕は我慢の限界になったのではい。と頷き強引に触ってしまいました。すると彼女は胸くらいさわってもいいよといってきた。僕は遠慮することなく揉みしだきました。強引に服を脱がし自分も裸になって爆乳に顔を埋め好き放題しまくっているうちに彼女の方もスイッチが入ったらしくベットでエッチをすることができました。

新入社員の私の前を行ったり来たりするのが爆乳の主任、デスクに座っていると指導係の主任は立ったまま教えてくれるため私の目の前に爆乳が、解雇されても構わないから揉んでやろうと思うのですが、実際は我慢、トイレに駆け込みオナニーをして性欲を発散するしかありません。毎週金曜日は職場の人達と飲み会があり、それには私も主任も参加、主任は結婚適齢期を過ぎた34歳、職場の女性スタッフからは行き遅れBBA扱いをされているのですが、家に帰っても一人だと飲み会は最後まで帰ることはありません。彼女は私の指導係、彼女を置いて新入社員の私が先に帰るわけにはいかないため、私も最後まで付き合うのですが行き遅れの彼女は毎回泥酔。私、「主任、帰りましょう」彼女、「・・・」私、「起きて下さい」彼女、「・・・」こんなやり取りは毎度のこと、他のスタッフが連れて行かなければ私が彼女を家まで送るしかありません。彼女が暮らすアパートは会社からタクシーで10分、アパートのカギはバックに入っている、コンドームは私が持っていると色々なことを考えながら彼女をアパートまで届けるのですが、その日の彼女は泥酔状態だったため先輩にも手伝ってもらいました。先輩、「お前、いつも大変だな彼女のお守りをして」私、「先輩、確か主任と同期入社ですよね」先輩、「そう、彼女、昔から酒に弱くてね」私、「主任はどうして結婚しないのですか?」先輩、「どうしてだろうね。良い体してるのにな。お前は彼女のことどう思う?」私、「良い人だと思いますよ」先輩、「女としてはどう思う?」私、「上司ですから女性としては見たことがないです」先輩、「本当に?彼女、良い形のオッパイしているのに?」私、「先輩、主任のオッパイ見たことあるんですか?」先輩、「彼女、昔から酔うとすぐに裸になるから何度も見たよ」私、「本当ですか?」すると先輩は主任のブラウスのボタンを外しブラジャーも外そうとするため私、「マズイですよ」先輩、「大丈夫、こいつ酔っているから」先輩も私にとっては上司、部下の私は上司に強くは言えないため、主任はブラジャーを外されオッパイが露わに。先輩、「柔らかいぞ触ってごらん」私、「触るのは先輩でもマズイですよ」先輩は主任が酔っていることを良いことにオッパイを揉んだり乳首を吸ったりとし放題、終いには主任のスカートを捲くり股間に手を入れ出したため、共犯にされたくない私は主任の部屋から逃げ出しました。アパートから駅まで走って、しかし、終電は出てしまい途方に暮れていると、「誰にも言うなよ」と先輩からメール。口止めされた私は主任のことが気になり彼女の部屋に戻ると、先輩は帰って部屋にはいませんでした。恐る恐る中に入ると、主任はまだ泥酔状態、外されたブラジャーやブラウスのボタンを元に戻さないとマズイ、私が逃げ出したあと先輩がどこまでしたのか気になり主任の股間を覗くと、パンティが途中まで脱がされていました。パンティも元に戻さなければ証拠が残ると思っていると、「お前も楽しめ」と先輩からメール。部屋に居るのは私と泥酔状態の主任だけ、もし私がエッチに及んでも先輩がやったと言い逃れられると魔が差してしまい、私は主任のパンティを元には戻さず、自身のペニスを彼女に挿入しました。ずっとしたいと思っていた主任にハメれたのですから、ハメ撮りを記念に一枚、爆乳を揉もうと思ったのですが、どうやら先輩は爆乳に射精したらしく主任のオッパイは精液で濡れており、私も先輩を真似て爆乳に放出。イタズラされても普段通りに出社するあたりは、さすが主任です。

私が入社したのは女性の比率が非常に高い会社、男子校で育った私には夢のような職場でしたが、その気持ちで要られたのは入社から僅か1週間ほど、女性の比率が高い職場では男性社員は肩身が狭いことを思い知らされました。私の上司はいわゆる行き遅れBBA(ババア)、女性の比率が高い職場でも結婚に行き遅れると肩身が狭いのか、上司は新入社員の私に冷たい、それを知っている若手社員達は私に同情的。新入社員研修は会社が保有する別荘で行われ、早朝から始まるため終わる頃には毎日バテバテ、どんなに疲れていても新入社員は先輩の飲みの席に付き合うのが会社のルール。私が担当するのは行き遅れBBA、BBAは酒が強くないのですが、研修参加者の中で1人だけ行き遅れだと酒を飲まないといられないのか、毎日浴びるほど飲む、直属の部下である私はどんなに疲れていても最後まで付き合わなくてはなりません。飲みの席では徐々に人は減っていき、残ったのは行き遅れBBAとその部下の女性達、部下と言っても私にとっては先輩、先輩を置いて先に部屋には戻れません。私のことを不憫に思ったのか、先輩の女性が「大変だね」、「はい」とは言えない、どう返事をして良いのか分からないでいると、先輩の1人がBBAを指差しながら「(この人)巨乳だよ、見たことある?」私、「見てことないですよ」先輩、「見る?」私、「結構です」先輩、「どうせ酔っていて気付かないのだから見なよ」私は目を背けているのですが、先輩がBBAの洋服を脱がすためオッパイがポロリ私、「マズイですよ」先輩達の悪ノリは続き、先輩の1人が、「ヤッちゃえば?もしかして童貞なの?」素人女性とは経験がないため、童貞と言えば童貞、すると悪ノリした先輩が私の股間を触って、「この新人君、勃起している」それを聞いた先輩達が「オチンチン見たい」、「新人君のオチンチン見せて」、男でも酒に酔った女達に脱がされると抵抗が出来ず、ズボンを脱がされてしまいました。私はペニスを手で隠したのですが、勃起しているペニスは手で隠せず、それを見て先輩が「新人君のオチンチン大きい」。私は酔っていたこともあり、どうにでもなれ、開き直ると抑えていた欲求が高まり今すぐにでもヤリたい。たまたま目の前に居たのがオッパイポロリしているBBA、私も周囲の先輩も「ヤッちゃえ」と意見は一致、私は酔っぱらっているBBAのパンティを脱がすと、周囲の先輩達は「コイツ、本気でヤルつもりなのか?」という顔をしていたのですが、ここまで来たら抑制が効かないのが男。私はBBAのアソコにペニスをブチ込むと、先程までは騒いでいた先輩達は固唾を飲んで見ているだけ、女達に見られながらのエッチは格別、何の用意もしてなかったため、最後はBBAのアソコの中に精液を放出。BBAの年齢は34歳、妊娠する可能性があるため、周囲の先輩達は「マズくない?」、出してしまったものはどうしようもない、後始末は先輩達に任せ私は先に部屋に帰らせてもらいました。翌日も研修は続いたのですが、BBAは何も気付いていないみたい、もしかしたら気付いていたかもしれませんが、自ら恥を晒すようなことはBBAはしない。女性の多い職場で男性社員はナメられがちですが、私のエッチを見た先輩達は私のことを一目置くようになり、現在はそれなりに楽しい社会人生活を送れています。

私の勤め先には20代前半の若い女の子が多く、結婚適齢期を過ぎたら行き遅れのBBA(ババア)扱いになります。私の直属の上司も行き遅れBBA、彼女も職場やSNSで陰口を叩かれていることに気付いているため、八つ当たりを部下の私にしてきます。毎日毎日朝から晩までネチネチ嫌味を言われるとストレスは溜まる、我慢をしていたのはBBAに関わりたくないから、ただそれだけのこと。しかし、BBAは私以外には相手にされないため、仕事が終わっても私を顎で使う、それがたまになら我慢はしますが、クソ暑い時にまでヤラれるとイラッとする。BBAから飲みに付き合わされると、職場の人からは「酔わせてヤッちゃえば」、BBAは顔は大したことないのですがオッパイだけは揉みたくなるほど爆乳、本当にヤッちゃたらどうなるだろう?直属の部下にヤラれても会社には言われないかも。いつものように酒に酔ったBBAを会社のハイヤーで家まで送ると、BBAは意識が朦朧状態、これならオッパイぐらい触っても気付かれまい。ドライバーさんはバックミラーでチラチラ見ていたのですが、お構いなしにBBAのオッパイを揉んでいると自分のペニスが反応、どうせ酔って気付いていないのですから、チャックを下げてズボンからペニスを取り出すと、勃起したペニスはBBAの顔に当たり、面白がってその様子をスマホで撮影。後部座席でエッチなことをしていることはドライバーさんにバレているため私、「どこか近くの駐車場に停めてもらえますか?」ドライバー、「かしこまりました」地下駐車場に着くと私、「ドライバーさん、悪いけど何か飲み物を買ってきてくれる」ドライバーに多めのチップを渡すと、「かしこまりました」夜間の地下駐車場は利用者が疎ら、相変わらずBBAは酔いから覚めない、アソコに指を突っ込んでも無反応、マン汁の付いた指を口に入れてやると顔を少し背けるだけ、パンティを脱がしても無反応なら、ペニスを入れないのは男じゃない。狭い車内のため体位は限られたのですが、いつもはネチネチ嫌味を言われるBBAに仕返しをするつもりで最後は中出し。ドライバーさんが帰って来るまでにBBAの身だしなみを整えたのですが、戻ってきたドライバーさんは車内にこもったBBAのマン汁の匂いに気付き窓を開けました。私、「お待たせしてすいません」ドライバー、「これからどちらへ行けば宜しいですか?」私、「〇〇駅で僕を降ろした後は、これ(BBA)を家まで届けて下さい」ドライバー、「かしこまりました」〇〇駅に着いた私は、「これ好きに使っても良いよ」ドライバー、「良いんですか?」私を降ろしたハイヤーは、そのあと近くの駐車場に入って行きました。

僕は現在28歳の独身で彼女なし。最近会社の上司が僕のほうをチラチラ見てくる。彼女は34歳独身で彼氏なし。会社の飲み会で酔う度に「彼氏ほしぃ」と絡んでくる。そしてブラウスの胸元のボタンを開け、やたら胸元を強調させ「お姉さんが相手してあげようか」と耳元で囁いてくる。普段は相手をせず「飲み過ぎですよ」と言って水の入ったグラスを差し出しなだめるのだが今日は違った。なんと普段は明るい彼女が泣いていたのだ。「どうせ34歳のBBAなんか誰も相手してくれないわよ」普段からは想像できないような表情に少し焦って「そんなことないですよ。魅力的ですよ」そう言うと彼女が「じゃぁうち来る?」そう言われ少し戸惑ったが普段見せない彼女の上目使いが僕の下半身を熱くさせたのは言うまでもなかった。その後彼女の家に行きシャワーを借りた。どこにいたらいいのかわからず部屋の隅っこに体育座りで座り、彼女が風呂場から出てくるのを待った。彼女がシャワーを終え出てくると僕を見て「そんな隅っこで体育座りされたら私に襲われるみたいじゃない」とくすりと笑った。普段はパリッとしたスーツ姿なのに、部屋着は「楽だから」の一言でなぜか男性用の大きめなカッターシャツを着ており、太ももから上は見えそうで見えない、そのくせ胸元からはボタンがはち切れんばかりの様相。そんな格好を見せられ理性がなくなる。ずっとずっと気になっていた。彼女が。我慢できずに彼女の胸を揉みしだく。「久しぶりなの。優しくして」そんな彼女の言葉に余計刺激されさらに激しくなっていく。下半身に手を伸ばそうとすると「待って。私にもさせて」そう言うと僕の下半身を優しく咥える。これが34歳の業なのか。すぐにいきそうになる僕を嘲笑うかのように「次は挟んであげる」そう言いマシュマロみたいな柔らかい大きな胸で包む。パイズリなんて人生で初めてだったのですぐに達してしまった。「まだまだできるでしょ。きて。」そう言い彼女のベットの上で激しく愛し合う。お互いの寂しさを埋めるために何度も何度も。次の日僕たちは別々の時間で出社する。何事もなかったように仕事をし、何事もなかったように家路に着く。「昨日のことは現実なのか」そう思うぐらい何事もなく毎日が過ぎる。そう。また次の飲み会があるまでは。

「ここ空いてます?」社食で食事をしていると、話したことの無い地味でメガネの女性と相席をすることとなった。首から下げ、ニットの上からでもわかる大きな胸の上にあるネームプレートを見ると総務課の主任らしい。彼女の膳に目をやると日替わりランチの他に小鉢やらサラダなど4品余分に並べている。それらを快活に食べ始める彼女を見てしまうこととなる。決してガツガツと食べている訳ではない。その食べる姿を目が追ってしまう。そのぽってりとした唇に次々と吸い込まれていく食べ物。女性の食べ方を見て初めてエロスを感じた。僕は席を外し、デザートのプリンを持って来る。自分の名刺にラインIDを裏書きし、無言で彼女にプリンを差し出した。プリンと僕を交互に見る彼女を横目に席を立った。19時残業をしていると、彼女よりラインが入る。「プリンありがとうございました」「晩御飯まだなら食べに行きませんか」とのこと。急いで残業を片付ける。彼女の希望で焼き肉を食べに行く。社食であったときより濃いめの化粧をしていた彼女。お互いに特段盛り上がる話もないが、テーブルに所狭しと並べられている肉を焼いては、その魅力的な唇に吸い込まれていく様子に再び見入ってしまう。食べる姿に欲情するなんて初めての経験である。「食べることが好きな女はエロい」大学時代に先輩が言っていたことを思い出した。食事を終え、店を出る。どちらからというわけでもなく、またお互いにごく自然に腕を絡ませ、あらかじめ決まっていたかのようにホテル街に歩き出した。部屋に入ると、やはり気まずいのかお互いに距離を取って座る。この空気感に堪えられなくなったのか、彼女がバスルームへと消えて行った。シャワーを浴びる音がベッドルームまで聞こえてくる。バスローブ姿で出てきた彼女は静かにベッドへ入った。僕も無言でシャワーを浴びに行く。シャワーを終え、ベッドルームへ戻ると、彼女はルームライトを薄暗くし、目を軽く閉じていた。歩み寄とうっすらと目を開け、僕を見つめる。僕はゆっくりとバスローブの裾から大きくなった男の中心を彼女の唇に突き出した。横から受け止め舌を這わせ始める。しばらくすると少し頭を上げ根本まですっぽりと咥えた。僕はその舌使いを十分味わった後、お返しに彼女のバスローブの隙間をから、彼女の中心に舌を這わせる。甘い吐息がだんだんと大きく荒い息遣いへと変わっていく。バスローブの紐を解いてやると大きな胸が露わになった。彼女も僕のバスローブを解く。その胸を大きく揉みながらゆっくりと彼女の中心へと、最初は浅く、徐々に深く入れていく。僕の腰使いが激しくなるにつれ、彼女の皮膚もしっとりと紅潮していくのがわかる。大きな胸が激しく弧を描くように揺れている。大きく激しく下から突き上げるような腰使いをする僕。それに呼応するようにリズミカルに腰を動かす彼女。二人同時に快楽の絶頂へと上り詰めた。

社会人になったことを機に一人暮らしを始めることになったのですが、慣れない環境では部屋を探すのも、生活用品を揃えるのも大変でした。困っている私を助けてくれたのが、私の上司でもある34歳の女主任、彼女は世話好きと社内で評判、しかし、独身の彼女は若い女性社員から行き遅れBBA(ババア)扱いを受けています。仕事でもプライベートでも良くしてもらっている私は、彼女をBBA(ババア)扱いする者を軽蔑、本心では怒ってやりたいのですが、新入社員の私では彼女の味方になるのは難しく、私が何かすればかえって彼女に迷惑を掛けてしまいます。営業の仕事を終え会社に戻って来たのは20時頃、彼女には引越しなど仕事以外でもお世話になっているため、お礼に食事に誘うと「私で良いの?本当は若い子のほうが良いのではないの?」、給料が出たことを口実に彼女と2人で会社近くの居酒屋へ行くことが出来ました。仕事をしている時の彼女は制服を着ているため気付かなかったのですが、私服に着替えた彼女は爆乳、居酒屋では向かい合って座っていたため、私は爆乳ばかり気になって仕方がない、それでも酔うまでは爆乳を見ないようにしていたのですが、酒に酔うと爆乳ばかりに焦点が合い、彼女は困っている感じでした。酒を飲んでエッチな気分になると酔いは更に増す、このままでは私が帰れなくなると思ったのか、彼女は「家まで送ってあげるから帰ろう」、私は彼女の肩を借りて居酒屋を出ると、タクシーの中では彼女に甘え膝枕をしてもらいました。膝の上に頭があるのですから彼女のアソコは直ぐ近く、タクシーでなければ無理やりでもエッチに至りたい気分でした。マンションに着いても酔っていた私は1人では帰れない、タクシーに待っていてもらえば脈なしだったのですが、彼女も一緒にタクシーから降り、2人で私の部屋へ。引っ越したばかりで部屋にあるのは布団だけ、私を布団に寝かせた彼女は散らかっているゴミの片付け、その様子を布団に寝転がって見ていると、彼女が屈むと胸チラやパンチラが見えてしまい性欲は高まるばかり。片付けを済ませた彼女は、「大丈夫?水でも飲む」私、「ダメです。主任また膝枕をしてもらえませんか?」彼女、「少しだけだよ」一人暮らしで一時はホームシックになったこともある私を按じ膝枕をしてくれる彼女、タクシーの中では運転手の手前我慢出来ましたが、二人きりの部屋では抑えていた性欲が爆発。膝枕をしてくれている彼女の股の中に手を入れると彼女、「ダメ」我慢が出来ない私には、彼女の声は届かない彼女、「酔っていてもダメ」、「本当にダメ」、「私も我慢出来なくなるからダメ」それを聞いた私は、彼女の履いていたストッキングやパンティを脱がすと彼女、「私で良いの?」彼女が「私で良いの?」と聞いたのは、行き遅れのBBAと新入社員の私が交際することは出来るの?ということ、酔っていたと言うよりは、性欲が高まれば相手が誰でもヤりたいのが本心、私は「主任が良いです」とは言ったものの、本心ではなくヤルことさえ出来れば平気でウソも付ける。行き遅れのBBAにとって、若い私と付き合えれば社内でも名誉挽回が出来る、そう考えた彼女は私を喜ばすために濃厚なフェラチオ、引っ越したばかりでコンドームを用意してないと、「今日は安全日だから、中に出しても良いのよ」。コンドームを付けずにエッチをしたのも、中出しをするのも初めてだったため、気持ち良かったです。翌日からの彼女は、会社でもベタベタしてきたのですが、年齢が一回りも上だと真剣には付き合おうとは思えず、彼女とは今でも遊びのつもりです。

大学を卒業しても童貞だった私を喰ったのが上司である34歳の女主任、童貞の私からすれば彼女は爆乳で色気があって良いと思うのですが、どうやら彼女は過去に会社の上司と不倫をしたらしく社内の評判は良くありません。34歳にもなって独身だと、彼女は会社では行き遅れBBA(ババア)扱い、評判を知っていれば彼女に手を出すことはないのでしょうが、私は入社早々から彼女に目を付けられてしまい、女性経験のない私は舞い上がってしまい彼女の罠に引っ掛かってしまいました。彼女は会社から徒歩10分程にマンションを借りているのですが、厄介なことに彼女は社内でするエッチが堪らなく好きらしく、残業で居残りする時には人のいない会議室等でエッチをすることが度々。同じ部署で働いていると、そろそろ彼女の体が疼き始めるのが分かる、部署の人が1人また1人と退社すると部屋にいるのは私と彼女だけ。新入社員の私が仕事をしていると、彼女が「仕事は終わりそう?」、エッチをする関係でも会社では敬語を使わなくてならず、私、「もう少し掛かります」彼女、「手伝ってあげようか」私、「大丈夫です。自分の仕事ですから」断ったのですが、彼女は私の横に座ると股間に手を伸ばし、ズボンからペニスを取り出すと手コキを始めました。新入社員の私は誰かに見られては困るためソワソワ、一方、彼女はペニスを前にすると理性を失う性質、手コキだけでは済まないと思っていると突然ドアが開き、立っていたのは私達の上司である部長。その部長こそが彼女の元不倫相手、彼女に手コキをされているところを上司にバレないかヒヤヒヤしていると、あろうことに彼女はフェラチオをしてきました。部長、「変わったことはないか?」私、「ありません」部長、「あまり遅くならないように退社するのだぞ」私、「はい」机の下に隠れてフェラチオをしていた彼女も部長にバレることはなく、最後はお口の中で射精。彼女と関係を持つようになってからは風俗を利用することはなくなり、お陰でお金を貯めることが出来ています。

部署の上司である女主任は34歳、彼女はブランドモノを身に付け「私、男には不自由していません」オーラを放っているのですが、それが反感を買い職場では行き遅れBBA(ババア)扱いされています。同性には嫌われる主任ですが、男にとっては魅力的、新入社員の私からすれば主任は頼れる存在。主任が反感を買うのは、爆乳なのに露出度の高い格好をしているから、貧乳女性からすれば「何あの格好」となりますが、男からすれば一度お世話になりたいと思うもの。私が風邪を引き仕事を暫く休むと、最初に心配して家まで来てくれたのが主任、犬でも猫でも優しくしてくれる人には懐くように、爆乳を揺ら揺らさせながら看病をしてくれると恋心を抱いてしまうもの。主任、「熱は下がった?」私、「体温計がないので分かりません」すると主任は私のオデコと自分のオデコを比べ、「だいぶ熱があるね。汗を拭いてあげるから脱いで」上司に言われたら熱があっても従わなくてはならず、私は着ていたパジャマを脱ぐと、主任は背中を拭いてくれました。主任、「前は自分で拭ける」そのタイミングで咳が止まらなくなり、前も主任が拭いてくれたのですが、背中と違いお腹は敏感、熱で体は疲れているのですが、敏感に反応したのは乳首、男でも刺激をされると乳首は固くなり、それに気付いた主任は「固くなったのはここだけ?」。熱で体が疲れている時に悪い冗談はヤメてくれと思ったのですが、主任はお腹を拭いた流れでブリーフの中に手を入れてきたため、私、「主任、そこは自分で拭けます」熱で声がかすれて聞き取れないのか主任の手は止まらない、ブリーフの中で主任がしているのは汗を拭くのではなく、ペニスをいじっている、部下の私では強く拒否出来ないでいると、主任、「イッたら気分が落ち着くよ」主任に手コキされたペニスは我慢の限界を超え、ブリーフの中でイったのは夢精した時以来でした。そのあと主任は精液まみれのブリーフを洗うと帰って行き、翌日出社した私を見ても昨晩のことは何もなかった、私と主任の関係が変わることはありません。

2019夏イチオシエロマンガ!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

3人のギャルが、 童貞チ〇ポ(デカチン)を 奪い合う❤
マジでヌける!!ww

ビッチギャルで抜くなら今すぐクリック!↓↓↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カリスマAV 男優が絶倫オークに異世界転生した話。エロマンガ無料ネタバレ

NO IMAGE

行き遅れババアタイトスーツネタバレと無料試し読み

NO IMAGE

黄昏流星群のネタバレ

叔母さんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎてネタバレ・感想 ムチムチのおばさんに性欲...

NO IMAGE

34歳爆乳行き遅れババアエロ漫画ネタバレ 満員電車で痴漢されて乳首イキするBBA

NO IMAGE

居候先のおばさんにハメる!ネタバレ・感想 巨乳のおばさんを酔わせてハメるニートの...