混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話無料ネタバレ/混浴温泉で金玉空っぽになるまで射精しちゃうショタww

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話
のネタバレを紹介します!

 

スマホを見ながら盛り上がる
小学校高学年の男の子2人。

見ていたのは混浴温泉に関するサイトww

女性の裸が気になり始めるお年頃・・・

ただ女の人の裸が見たい・・・!
とにかくただ裸が見たい・・・!

男の子なら誰だってそういう時期、ありますよね!w

いてもたってもいられなくなり・・・
その混浴温泉に行ってみることに・・・

女の人の裸が見れる・・・!
期待に胸膨らませ、ドキドキワクワクしながら
混浴温泉につかっていたのだが・・・

そううまくいくはずもなく、
女の人は一向に現れない・・・

諦めて帰ろうとした時・・・!

なんと、妖艶で豊満な年上のお姉さん(20代後半から30代前半)が裸で現れる・・・!

その年上のお姉さんはちょっとエッチで
柔らかいおっぱいを触らせてくれたり、顔をうずめさせてくれたり
おっぱいで挟んでくれたり・・・

まだ成長途中のち〇ぽを優しくしごいて発射させてくれたり・・・
しまいにはお姉さんの中に入れさせてくれて・・・!!

 

年上のえっちなお姉さんに・・・
混浴温泉で・・・

ショタ金玉が空っぽになるまで・・・
いっぱいいっぱい射精させてもらっちゃいましょう・・・❤

混浴温泉でお姉さんに射精させてもらう話 年上お姉さんに手ほどきを受けながら最後はお姉さんの中に出す・・・!❤

女の人の裸が見れると噂の混浴温泉に来てみたが、そう簡単に見れるはずもなく・・・
諦めて帰ろうとした、まさにその時・・・

 

バスタオルで隠していても一目でムチムチとわかる、
えっちな身体をしたお姉さんが入ってきた・・・

 

“帰らないで良かった・・・”

初めてみる女の人の身体に、僕はぼーっとした表情で見とれてしまっていた・・・

するとお姉さんが、
「見たい・・?」

 

僕は無心で頷いていた・・・

バスタオルをハラッと落とすとそこには豊満なおっぱいが・・・
これが女の人の身体・・・

 

僕のおちんちんはすでに熱く脈打っていた・・・!

 

僕を引き寄せ、ひざまくらしてよしよししてくれるお姉さん。
そして、口の中にべろをつっこんでもらいながらちんちんをしこしこしてくれる年上のお姉さん・・・
ヤバい、初めて女の人の身体を見て興奮した僕はちょっとシゴかれただけでオシッコが出そうな感覚に襲われる・・・

これが射精しそうということだとこの時は知らなかった・・・
そんな何も知らない小〇生の僕に優しくいじってくれるお姉さん・・・

それからすごく濃厚なファラチオをしつこいぐらいにしてもらう。
こちらは感じまくっているが「うふふかわいい」と言ってもらいおねえさんあなたのこと大好きといってもらう。

 
「このおチンチンもかわいくて大好き❤」
といいながらぺろぺろとされ舐めまわされる。たまらず、おっぱいを揉んでおっぱいにかををうずめる。

乳首をなめまわすと、おねえさんが「ああーっ・・・」といって悶え感じる。
そのままおまんこを手でいじり、「お姉さんここが感じるの?」と聞く。
おませな子ねとかいわれながらおまんこをいじり、乳首をなめまわす。

お姉さんもたまらずおちんちんをなめてきてシックスナイン状態。

僕はなにがなんだかわからないまま、夢中でお姉さんを身体を貪り続ける。

きもちいいきもちいいとお互い言いながらシックスナインを続けると、
お姉さんが「もうたまんないわ・・・ここにいれてちょうだい・・」・という。

おまんこを指でくぱぁーっとあけおっぴろげにするお姉さんだったが
僕はどこに入れたらいいかわからない・・・

戸惑っている僕に気づいて手を差し伸べてくえる年上のお姉さん・・・
ゆっくりとお姉さんの手ほどきを受けながら
お姉さんのおまんこへちんちんが入る・・・❤

なんだこれ、おチンチンが溶けちゃいそうだ・・・!
味わったことのない快感に襲われるボクのおちんちん・・・!

お姉さんはおちんちんぶち込まれて急に幼児言葉になり、
「しゅ、しゅごいかんじるー
くちゃくちゃしてーー!おねえさんのおまんこくちゃくちゃしてーー!かきまわしてーー!」
と卑猥な言葉を連発・・・w

「後ろからも突いて思いっきりついて!」

僕はは「こ、こう?」
といいながらバックではめたおす。

パチュンパチュンと無我夢中で腰を振り、お姉さんのヌルヌルの中を
パンパンになったちんぽで精いっぱい掻き回していく・・・!

「そうそううううーーお姉さんのいやらしいおまんこそのおちんちんでぐちゃぐちゃにしてーー!」

なんてえっちなお姉さんなんだ・・・

正常位に戻り、あなたのミルクいっぱいお姉さんの中に出して!というお姉さん!僕もうでちゃうよ!ふたりが絶頂に達すると

ああーーーー!と二人とも叫びお姉さんのおまんこからボクの精子があふれてくるのだった・・・

混浴温泉で年上のお姉さんに・・・ お姉さんの豊満な乳房に挟まれて思わず射精してしまうショタち〇ぽ・・・❤

女の人の裸が見れるという混浴温泉で
運よく年上のえっちな体をしたお姉さんに遭遇できた僕・・・

本当はお姉さんの裸に大興奮なのに、それを隠そうとお姉さんを前にして、見て見ぬ振り。
でもそれもお姉さんにはすべてお見通し。

クスクスっと笑いながらお姉さんがそれとなく近づいてきて、湯の中で伸ばしている僕の足を優しく撫で始める。お姉さんはなんともなさそうな顔をしているが、その手はいたずらに股の間の大事な部分を刺激し出す。やがて、どうしようもない快感が体をこわばらせた。

そんな様子を見てお姉さんは僕を抱擁する。湯の熱さとお姉さんの火照った体の熱さで幾分頭がおかしくなりながらも、そんな状態でなすがままにお姉さんの愛撫に身を委ねる。

そのうち、大事なところをお姉さんは二つの豊満な乳房で挟み込み。僕のよりも大きな乳首で刺激し始める。
お姉さんの妖艶な顔、ただ何も言わず口元に微かな笑みを浮かべている。真剣に見つめられながら、
思わず年上のお姉さんの谷間で射精してしまう。

快感の余韻に悶えながらも、お姉さんのすべすべの体が重なってきて、再び勃起してしまう。

そんな可愛らしい反応にお姉さんは自分の体を撫でるよう僕に言ってきた。
でも、どうしたらいいのかわからない。それでもお姉さんは僕の手を取って優しく教えてくれる。

やがてお姉さんは自分の気持ちいいところを僕の手を取って撫で続け、体をビクつかせながら果てた・・・

自分は、目の前にいるお姉さんを支配した気になって、いたずら心が芽生える。
その後、お姉さんの秘部を舐め、乳首を吸い、何度も嬌声を上げながらビクつくお姉さんを見て我慢できずに挿入。

お姉さんの中は暖かくそして、拒まずに受け入れてくれる。味わったこともない経験。
とにかく表現できない気持ち良さに頭が狂いそうになりながら、何度も腰を振って、お姉さんの中に何度も出した。

気がついたら更衣室でバスタオルを巻いて一人で寝ていた。お姉さんは横にはいなかった。どうしようもなく切ない気持ちを抱えたまま家に帰り、オナニーをした。あの気持ち良さには勝てなかった。

また混浴温泉でお姉さんにいっぱい射精させてもらいたいな・・・❤

混浴温泉でお姉さんにいっぱい射精させてもらう話 お姉さんのジュポジュポと音を立てたフェラがエロ過ぎて・・・❤

女の人の裸が見れると話題になっている混浴温泉で待っていると・・・

待ってました!
ぽっちゃりした少しだらしない体つきがエロいお姉さんと露天風呂で遭遇。

エッチなお姉さんは、タオル1枚巻いて僕の隣に座り、大きくなったち◯こをじっと見つめている。
そして「その可愛いち◯こを見せて」と僕の腕を振り払い、優しく被った皮を伸ばしたり、縮めたりして「可愛い」とつぶやいた。

僕のち◯こは丸裸。「可愛いけど大きいわね」とお姉さんが唇にペロッとした表情で伺っている。
「食べちゃお〜・・・」と僕のち◯こをほうばり、ジュポジュポとエッチな音を立てながらフェラ。
僕は「うん・あん」と体をビクつかせ、つい声を荒げてしまった。「オシッコが漏れそう」と僕が言うと、

お姉さんが「まだ出しちゃダメよ!」と言って、ち◯こをおっぱいの谷間に挟み、パイズリ。
あまりの気持ち良さに気絶しそう・・・「私のあそこもなめて〜」と股を開き、僕の顔を秘密の花園に押し当てた。

僕はどうしていいかわからずに、お姉さんの言われた通りにあそこをベロベロ舐め回した。
「あ〜ん・・・、いい!もっと舐めて」とお姉さんがメスブタのように叫んだ!

僕は激しく無我夢中であそこに吸い付いた。
そのアワビからドクドク臭い匂いのする愛液が滝のように溢れ出した。僕は溢れ出して愛液を飲み干した。

そしてお姉さんが僕のち◯こを手に取り、ジャングルの密林へと・・・
密林の奥にある洞窟探検のスタート!僕は必死にち◯こを洞窟の中で動かした。
お姉さんは「いいわ〜、いく〜」と絶叫し、体をピクンピクンと痙攣させた。僕も大量な白い体液をあそこの中に発射!
そして、密林のジャングルアドベンチャーは終わりを告げた・・・

こんな気持ちのイイジャングルアドベンチャーなら何度でもお姉さんの中を探検したい・・・❤

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話 年上のお姉さんに優しく擦られて出ちゃいそう・・・!❤

「混浴風呂っていう物があるんだってさ。いかないか。」僕の友達はエロい情報には目がない。小学生にも関わらず、だ。
ふ~ん。と言ってみたものの、やっぱり見てみたい。

エロ友に誘われるままに、混浴風呂という所にやってきた。が、人影がない。
待つこと一時間…期待するんじゃなかった。と、思った時だった。

後ろを振り向くと湯気の向こうに裸の女が立っている。豊満な胸をタオルで押さえた20代のお姉さんだ。
「あら、小さなお客さんね」お姉さんは僕の裸をジーっと観察していた。
「混浴に来るなんて裸に興味がありそうね」「そ、それは…」下を向くと、お姉さんの太ももが目に飛び込んできた。

「いいわ、おばさんが教えてあげるわ」
”おばさん”なんて…エロいお姉さんだ。「おっぱいに触ってごらん…あぁっ、上手だわ」
僕は柔らいおっぱいを優しく揉んだ。両手に入らない程だ。

「膝のうえに座って…」言われるがままに、白いムッチリとした太ももの上に跨いだ。僕の顔は白い胸に埋められることになる。なんと気持ちいい。気が付くとお姉さんは僕のモノを優しく握って上下に擦っていた。

こ、これは…と思ったのも束の間、あまりに気持ち良くて出てしまった。
「たくさん出たわね。うふっ。やっぱり男の子ね、もっと気持ちいい事があるわよ。」

お姉さんはネットリと出た液の手をモノから離さず、桃の様なお尻に導いた。
「どう…気持ちいいかな。」僕はつながっている部分を湯気越しに見ながら、パンパンと腰を打ち付けた。「気持ちいいわ…、今度はこっちよ」

そしてしゃがむと僕のモノを、おっぱいの間に挟んだ。天にも昇る気持ちでいると、椅子にすわって、という。
僕のモノは天井を向いたままだ。お姉さんは、そのモノを掴んで自分の熱いなか(膣)にズプっと入れ始めた。

あぁっ、こんな快感は初めてだ…「おばさんも気持ちいいわぁ~今日は来てよかったわ。」
お姉さんはしきりに上下運動をしている。うっすら汗をかいている。

「今度はキミがきてぇ」白い太腿を大きく開いて、”その熱い”入口を指で広げている。
そうか、これが…僕はそこに慢心の力を込めてモノを挿れた。「あぁ~熱いわぁ…今日はお姉さんと、いっぱい気持ちいいことしましょうね…」
僕は小学生にして大人の仲間入りをした気分だった。

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話 感想

おっぱい触らせてくれたり・・・
柔らかいおっぱいに顔をうずめさせてくれたり・・・
大きなおっぱいですっぽり隠れるように挟んでくれたり・・・

 

まだ成長途中だけどお姉さんの裸で立派に勃起したち〇ぽを
シュッシュッと優しく擦って発射させてくれたり・・・

最後はお姉さんの温かくて湿った中に、
勃起ち〇ぽを優しく導いてくれたり・・・

 

こんなエッチな年上のお姉さんがいる混浴温泉、
どこかにないですかね?ww

 

最後まで
混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話
のネタバレをお読み頂きありがとうございました♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。